ワークショップ
「中央区緑化計画」
ブレインストーミング
「ブレインストーミング法」とはグループで自由に意見を出し合い、あるテーマに関する多様な意見を抽出する発想支援法。質より量を重視し、お互いの意見に批判をせず、自由に意見を出し合うことで、テーマに関する周辺知識を列挙することができる。「ブレインストーミング法」はプロジェクトマネジメントにおいて、起こりうるリスク要因を列挙する、などといった用途で用いられます。
題材 地球環境問題・都市のヒートアイランド現象の緩和策として、中央区の特色を生かした緑化計画を立案します。
・グループワーク(6~7人で作業できるテーブル設定)
・ポストイット(メモ用紙大・使用済みコピー用紙の切り紙で代用も可)
・カレンダー(1グループ 3枚)&カラーマジック
展開1
① 思いつく限りの緑化案を書き出してみましょう。お金がかかったり、実現不可能と考えないで、発想してください。
② 行き詰ったら、中央区の特色、空間を立体で考えたり、野鳥や昆虫の目線で考えてみてください。
③ 高年齢者・若年相・行政・市民・事業者など立場を変えて考えましょう。