大阪府や三重県で、オーストラリア原産のセアカゴケグモが船底に進入、1995年道端の排水溝で発見される。温暖化の進行とともに次々と発見地が増えている。東京・お台場の側溝でも発見された。毒性は、きわめて強い。