ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

枯れる海

2007年2月20日 (火)

(4)定置網で水産資源守る

ジャカルタ市の漁港で不漁を嘆くスダリオさん(佐藤淳撮影)

 インドネシアの首都ジャカルタ。スラム街を通り抜け、たどり着いた市北部の漁港には、小さな木造の漁船がひしめき合っていた。

 「カツオ、タイ、サバ、そしてエビ……。昔は大漁だったのに、最近はさっぱりとれない。稼ぎは以前の半分。燃料代も出ない」

 2トンの小型船で操業するスダリオさん(32)は大きくため息をつき、5年前の“事件”について語り始めた。インドネシア沿岸で操業するタイ船籍の船団に抗議する零細漁民が、寄港中の漁船を襲って火をつけた時のことだ。

 「ヤツらは無許可の大型船団で魚を根こそぎにした。だから火をつけたんだ」。100人の仲間とデモに加わったスダリオさんは、今も怒りが収まらない。

 やり玉に挙がったのは7~8年前、ジャワ海に姿を見せ始めたタイの底引き網漁船だった。30トン級が集まる船団は魚群探知機を駆使し、一網打尽にした魚介類をジャカルタの漁港に水揚げした。水揚げが増えたため魚価は低迷。勘が頼りの小型船の漁獲量は年を追うごとに減少している。

 一度に大量の魚を漁獲できる底引き網漁や巻き網漁は、欧米や日本で発展し、アジアに広まった。それが世界の漁獲量を押し上げている。

 インドネシア周辺海域など太平洋中西部のカツオ漁を例にとると、漁獲量(2004年)は1980年ころに比べて約3倍、137万トンまで膨れあがっている。カツオ漁に詳しい茨城県水産試験場の二平章・首席研究員によると、増えたのは、日本の後を追って巻き網漁に参入した韓国、台湾、フィリピン、タイなどの水揚げ分だ。この間、日本の漁獲はほとんど増えていない。

 インドネシア漁民の怒りを買ったタイでは、水産資源の減少に直面し、従来の漁法を改めようという動きも出始めている。

 タイ東部ラヨーン県の研修施設に昨年10月、約30人の地元漁師たちが集まった。富山県氷見市の漁師たちが、国際協力機構(JICA)の資金協力で開いた定置網の研修会。地元漁師たちは、教壇に立った氷見の漁師、浜谷忠さん(62)の解説に真剣な表情で耳を傾けた。

 「最近はインドネシア近海も取り締まりが厳しくて近づけない。定置網の技術を教えてほしい」。研修会には、インドネシア沿岸で操業していたという巻き網漁船の船主の姿もあった。

 研修に同行した東京海洋大学の有元貴文教授によると、魚群を追い回す従来の漁法は燃料費がかさむため、元を取ろうと過剰な漁獲に走りがちだ。氷見で盛んな定置網漁は、沿岸に回遊してくる魚を待ってとる。使う燃料も、生態系への負担も少なくて済む。

 タイ湾に面したラヨーン県では、底引き網や巻き網を使った乱獲で漁獲量が減少。困った漁師の一部がインドネシア近海にまで出向くようになったのだ。

 4日間の研修に、すべて参加できた漁師は一人もいなかった。漁を休めば、その日の収入はない。漁獲が先細るなか、途上国の漁師たちは厳しい立場に立たされている。

 氷見はいま、寒ブリ漁の最盛期。富山湾に臨む漁港は昨シーズンを7000匹上回る4万匹の大漁だが、高値がつく大型ブリは、巻き網船団に取り尽くされ、網にはほとんど入らない。

 世界的な魚食ブームを背景に、せめぎ合いが激化する海。限りある資源を賢く利用するにはどうしたらいいのか。海にかかわる人々の模索が続いている。(この連載は科学部・佐藤淳が担当しました)

(2007年1月13日  読売新聞)
コメント:燃料を大量に消費する漁法から、近海の資源を育てる漁法、しかも、陸と海、川と海、山と川を綿密に調査して、一帯をリンクさせた考察が必要。

(3)漁村部でも地魚 敬遠

今では集落で一人の行商人になってしまった高田二美さん(高知県宿毛市で)

 世界規模の魚食ブームとは対照的に、日本では魚離れが止まらない。大日本水産会が一昨年行った調査では、肉料理より魚料理を多く食べる世帯は全体のわずか1割。都市部から始まった魚離れの波は、地魚を上手に調理する食文化を培ってきた漁村部にも押し寄せている。

 波静かな内海に面する高知県宿毛市の栄喜地区。午前8時、人口400人余りの集落に、自転車に乗った高田二美さん(79)の威勢のいい売り声が響いた。「いいカマスが入ったよ。買わんかね」。早朝に仕入れた鮮魚は数時間で売り切れたが、その表情はさえない。

 高田さんが行商を始めた終戦直後、この地区だけで40人近い行商人がいた。それが今では高田さんただ一人。少子高齢化が進むなか、大事にしてきたお得意さんの数も、1軒当たりの購買量も減り続けている。

 「縄張りがあって、『ワシんとこ行くなよ』と言い合ったもんだ。冷蔵庫がなくて傷むけん、よっしょ、よっしょと、坂も走って売りよった」

 港にあがった地魚を行商人が奪い合い、てんびん棒で担いで内陸の集落まで売り歩く――そんな時代も今は昔。市中心部の大型スーパーには、都会と同じような切り身の輸入魚介類が並び、キビナゴ、カタクチイワシといった地魚の影は薄い。

 水産総合研究センター中央水産研究所の副島久実研究員が宿毛市で実施したアンケート調査によると、口にする魚介類のほとんどが地魚という人の割合は、漁師の世帯では5割を超えたが、漁師以外の世帯では3割に満たなかった。

 「かつて日本の食卓に欠かせなかった地魚は、調理に手間がかかると敬遠され、マグロやタイなどの高級魚や、サケ、サバ、サンマなど特定の大衆魚に消費が集中する傾向が全国的に強まっている」と、埼玉大学経済短期大学部の秋谷重男名誉教授は指摘する。

 地魚が利用されず、捨てられるケースすらある。秋山清二・東京海洋大学助教授が千葉県の館山湾で行った調査では、魚体が小さい、漁獲量が出荷単位に満たないとして、定置網にかかったアイゴ、ウルメイワシ、キビナゴといった地魚が大量に捨てられていた。投棄量はかかった魚の1~2割に達した。

 投棄魚で特に目立つのがアイゴ。沖縄では幼魚の塩漬けを「スクガラス」と呼び、豆腐に乗せて食べる。九州や和歌山県でも水揚げされるが、東日本ではほとんどが捨てられている。

 そのアイゴに、大型褐藻のサガラメ、カジメなどが食い荒らされる被害が最近、各地で報告されている。静岡県水産試験場伊豆分場の長谷川雅俊研究員によると、とりわけ被害が深刻な御前崎の周辺海域では、過去20年で山手線の内側より広い8000ヘクタールの藻場が消えた。

 藻場は多様な海洋生物をはぐくむゆりかご。御前崎沖ではかつて年間1億~2億円の水揚げを誇ったアワビが今は全くとれなくなってしまった。

 このため御前崎市ではアイゴを食材に利用しようと、漁協や行政が動き出した。宿毛市でも女性グループが地魚を使った総菜作りに取り組んでいるが、地魚の復権を目指す取り組みは始まったばかりだ。

 秋谷名誉教授は「このペースで魚離れが進むと、肉より魚を好む日本人は2025年には70歳以上の高齢者だけになってしまう。その時、日本の漁業が成り立つのかどうか。真剣に考えるべき時に来ている」と警告している。

(2007年1月12日  読売新聞)
コメント:
 これは、頭が痛い問題です。私自身、肉派です。女房は魚派でも、長男と私に気遣い、3回に1回しか魚料理を出しません。それも、和食のそのまんまではなく、手の込んだ形です。骨からはがす作業は、箸の文化の支えなんですが、長男は苦痛に感じ、そいだ身、いわゆる切り身にしか手を付けません。
それもあって、私と女房しか骨付き、もしくは干物を食べません。うちの父のように骨までバリバリが、強い骨を作るのでしょうが、流石に80才を超えた父も骨は食べなくなりました。環境問題・資源枯渇も大切ですが、日本の食文化をもう一度考えなくてはいけませんね。柔らかいものしか食べない若者増えているそうです。給食に、干物出す案もありますが、冷えた干物じゃますます嫌いになりますよ。

2007年2月19日 (月)

(2)天然サケ輸出 輸入は養殖

加工される秋サケ。中国経由で欧州へ輸出される(北海道・小樽市のぎょれん総合食品で。小林佳代撮影)
 チリ、ノルウェー、ニュージーランド……。鮮魚売り場を輸入ものの養殖サケが席巻する一方で、日本産の天然サケが輸出されるという、奇妙な現象が起きている。

 頭部と内臓を取り除かれたサケが、コンベヤーで次々と運ばれてくる。昨年11月初旬。北海道小樽市の「ぎょれん総合食品」は今シーズン最後の秋サケの加工作業に追われていた。

 サケの大きさは平均70~80センチ、重さは3キロ。20人の作業員が張りつく生産ラインがフル回転し、この日だけで26トンを冷凍加工した。年間の加工量は昨年、3600トンに達した。

 サケの主な行き先は中国。現地の工場に運ばれたサケは、人海戦術でブロック状に再加工され、欧州連合(EU)に輸出される。BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザの影響で進む魚食ブームは、日本産の魚介類も吸い寄せ始めているのだ。

 本格的なサケの輸出は1990年代中ごろから始まったが、当時は多くても全国で年間3万トン前後だった。それが数年前から急増し、2005年は6万5000トンと倍増した。その大半が中国の加工工場へと向かう。

 対照的に国内消費は伸び悩んでいる。

 東京都中央卸売市場のサケ・マス類の販売額は90年代に入ってから減り続け、05年にはピーク時の半分の400億円まで落ち込んだ。

 河川の汚染や乱獲で一時は数を減らしたサケも、川の浄化が進み、稚魚の放流が各地で行われるようになると、少しずつ回復した。96年には過去最高の9000万匹が漁獲され、その後も資源量は安定している。手に入りやすくなったはずなのに、消費はなぜ伸びないのだろう。

 「脂分が多く、色も鮮やかな輸入ものの養殖サケに消費者の舌が慣れてしまったからではないか」。サケの流通に詳しい水産総合研究センターの清水幾太郎研究室長は、日本人の味覚の変化を挙げる。

 北海道近海の水揚げのピークは、サケが産卵のために戻ってくる9~11月。この時期のサケは卵に栄養を取られるため、脂分は養殖ものの半分しかない。かつて食卓に欠かせなかった塩引きサケは、淡泊な秋サケからうま味を引き出す知恵だったが、健康ブームの中で、その塩辛さが逆に敬遠されるようになった。

 代わって登場したのが、脂が乗ったチリやノルウェー産の養殖サケだった。特にノルウェー産は回転寿司(ずし)のネタとして人気を集めた。今では富山名物の「ますの寿司」にも使われている。

 「ノルウェー水産物輸出審議会(NSEC)」という組織がある。ノルウェー産魚介類の輸出を後押しするため、91年に設立された漁業省の関連団体で、東京を含む海外11都市に事務所を構える。10年前に開設された在日大使館内の事務所には2人の専従スタッフが常駐し、市場調査や販促キャンペーンを続けてきたが、2002年をピークに対日輸出は減り始めている。

 NSEC日本事務所のハンスペター・ネス代表は「サケは規制が厳しくなるマグロに代わる刺し身の主役になり得る。その意味で日本の巨大市場は依然として魅力的だが、これ以上市場自体が大きくなることはないだろう。世界的に見て伸びるのは、人口の割に魚の消費が少ないインドや中国のような新興市場ではないか」と見る。

 魚を買いあさる一方の日本、という構図は崩れ始めた。魚食大国の足元が揺らいでいる。

(2007年1月11日  読売新聞)
   

2007年2月18日 (日)

(1)瀬戸際 スケトウダラ漁

出漁待ちの漁船で、スケトウの不漁を嘆く佐藤弘さん(北海道八雲町で)

 束になって吹いてくるから「たば風」。地元の漁師たちが、そう呼ぶ強い季節風が海岸線に吹きつける。雪交じりの海風は身を切るように冷たい。

 昨年12月、北海道南部、八雲町の関内漁港。岸壁につながれた、はえ縄漁船が風にあおられて、大きく揺れる。「大きな漁が狙えるなら、多少しけても船を出すんだが……」。出漁を見合わせた佐藤弘さん(61)は白波立つ日本海を恨めしそうに見つめた。

 佐藤さんが狙うのは、肉がすり身の材料、卵はタラコとして重宝されるスケトウダラ。しかし北海道沿岸の日本海で、その魚影が年々見えにくくなっている。

 水産庁の昨年の報告によると、日本海を回遊するスケトウの資源量は1990年から減り続け、現在はピーク時の4分の1。佐藤さんが所属する「ひやま漁協」管内の漁獲も80年代後半から減少が続き、昨年度は過去20年で最低レベルの7300トンに落ち込んだ。

 不漁の原因は取り過ぎなのか、水温や潮流の変化なのか――。結論は出ていないが、水産庁報告は、今の漁獲水準を維持すれば、20年後に産卵できる親魚は現在の2割以下に減ると予測。今回初めて、禁漁を含む措置の必要性に言及した。

 八雲町に隣接する乙部町の豊浜地区。ここで生まれ育った須田章平さん(84)には、心に刻まれた苦い思い出がある。50年代末にスケトウの漁獲が激減し、漁ができなくなってしまった時代のことだ。

 スケトウの漁期は毎年11月末~3月。須田さんによると、生活に困った漁師たちは、不漁が続いた10年間、400キロも北の礼文島まで出稼ぎし、かつてニシン漁が盛んだった時代に使われた番屋に住み込んで、スケトウ漁を続けた。網の運搬やエサ付けを担当する「陸回り」も含め、ピーク時の「移住者」は300人に膨れあがった。

 「親と子を残して、かあちゃんと2人で島に渡った。元日以外は働きづめ。吹きさらしに板きれ1枚の番屋暮らし。つらかったさ」。須田さんは節くれだった太い指を見詰め、当時を振り返った。

 不漁は北海道の日本海側だけではない。水産庁の資源評価の対象となるオホーツク海沿岸や根室海峡、北海道から東北沖にかけての太平洋沿岸海域の魚群も、日本海と同様、「資源量は低位」と評価されている。

 オホーツク海に面した紋別港に係留されたスケトウ漁船も、新たな設備投資もままならず、船体はさび付いたまま。港近くの飲食店の店主(59)は「夜の街で漁師が肩で風を切って歩いていた時代もあったが、最近はさっぱりだ」と肩を落とす。根室海峡に面し、80年代の大漁で“スケトウ御殿”も建った羅臼町にも昔のにぎわいはない。

 ひやま漁協のスケトウ漁船100隻のまとめ役を務める佐藤さんは80年代以降、組合ぐるみで資源保護に取り組んできた。北海道大学の協力で資源量を調査。産卵域を全面禁漁にしたり、1船当たりの縄数を制限したりしているが、資源の減少に歯止めはかからない。

 スケトウは広範囲を回遊するため、漁協ごとの取り組みには限界がある。佐藤さんは、底引き網船団も含めた広域的な協議の場を設けるよう国に求めているが、複雑な利害調整が必要なため、水産庁の動きは鈍い。

 漁師の踏ん張りで資源は回復するのか、それともニシン漁のように衰退するのか。北の海は、その瀬戸際に立たされている。

                        ◇

 世界的な魚食ブームのなか、水産資源の枯渇が心配されている。危機にあるのはマグロだけではない。日本の食文化は大丈夫か。現場から報告する。

(2007年1月10日  読売新聞)

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。