ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

獣たちの反乱

2007年2月 2日 (金)

(4)廃棄から販売、調理へ

シカ料理のソースにはカシスなどの実も使われる(東京の伊料理店「アテオ」で、川口正峰撮影

 狩猟と有害駆除などで、全国では毎年イノシシ計26万頭、シカ17万頭(2004年度)が捕獲されている。実はその大半は埋設、焼却処分され、「ボタン鍋」などで賞味されているのは一部に過ぎない。環境省によると、捕獲有害鳥獣の処分のための市町村負担額は、全国で約8億円に上っており、財政、環境負荷両面の大きな課題となっている。

 島根県雲南市の山間部。ススキの茂みの陰に「鳥獣慰霊塔」と彫られた古ぼけた石碑があった。農道脇の空き地は、捕獲されたイノシシの「墓場」なのだ。

 「深さ1メートル半ほどの溝をブルドーザーで掘る。あとはイノシシの死骸(しがい)を入れて土をかけるだけ。自然の恵みを分けてもらう気持ちで猟をしてきたのだが……」。狩猟歴40年、市猟友会副会長の嘉本(かもと)勉さん(70)の心境は複雑だ。

 市内で捕殺されるイノシシは毎年500~700頭。1頭につき3万円の「奨励金」を支払う雲南市の場合、イノシシの処分に投入される公費が年2000万円にもなる。有効利用の方法はないのだろうか。

 「エゾシカを食卓へ」(丸善刊)の著者で、野生生物保護管理が専門の大泰司(おおたいし)紀之・酪農学園大教授(66)は、適切な解体処理・流通ルートがないことが障害だと指摘する。狩猟肉は家畜と違い「と畜場法」の適用を受けないため、捕獲から市場供給まで、安全性を確保する具体的な基準が必要だ。

 エゾシカの農林業被害に苦しんできた北海道は、今年10月、毎年数万頭捕獲するシカを有効利用するため、全国初の「有効利用ガイドライン」と、解体処理の「衛生処理マニュアル」を発表。食肉利用にようやく行政の筋道を示した。

 島根県美郷町でも一昨年、本格的なイノシシ肉加工施設が動き出した。農家や猟師が生産者組合を設立。専門の処理場で解体し、病原体検査を経て販売するシステムを作った。

 町産業振興課の安田亮さん(38)は「『臭みがある』と敬遠されてきた夏のイノシシも、血抜きを工夫し、味が落ちないようにした」と語る。500頭分を町内外の飲食店などに出荷、さらに供給先の拡大を図るなど、産地ではようやく流通への努力が始まっている。

 「消費拡大のためには、メニューの拡大も不可欠。そのヒントは欧米にある」(大泰司さん)という。

 イタリア中部の古都シエナで、ワイン販売店を営む大多和聖美さん(37)は「フランスでジビエ、イタリアでセルバッジーナと呼ぶ狩猟肉料理は体を温め、冬季の伝統的な薬膳(やくぜん)なのです」と説明する。

 猟期が始まる10月には、市内の料理店や家庭の食卓にイノシシ、シカ、野ウサギなどの肉が登場する。おいしく食べる秘訣(ひけつ)は月桂樹(げっけいじゅ)、サフラン、ローズマリーなどの香辛料とワイン。狩猟肉料理に合う重い赤ワインが調理、食卓の両面で活躍するのだという。

 ワインブームの中、日本でも狩猟肉料理が注目され始めたが、課題は供給面だ。東京・青山でイタリア料理店を経営する後藤俊二さん(47)は「シカやイノシシ料理は調理法も豊富で人気メニューですが、供給が安定しないのが難点」と語る。後藤さんは長野県がシカやイノシシを特産品として売り出そうと昨年始めた「信州ジビエ振興対策事業」を活用。県が紹介するハンターから、狩猟肉を直接入手するルートも活用している。

 動物の的確な捕獲、安全な解体処理、そして流通ルートの開拓――森がはぐくむ生命を無駄にしないための取り組みは、ようやく始まったばかりだ。

(2006年12月1日  読売新聞)

2007年2月 1日 (木)

(3)豊かな奥山作り クマ封じ

ドングリをクマの通り道にまく日本熊森協会の会員(富山県・北アルプス山ろく
で)

 山深い広島県安芸太田町。9月下旬、山の急斜面に立つ10万4800本のシバグリの木が、たわわに実をつけた。冬眠に備え、クマは秋にクリやドングリなどの「堅果(けんか)類」を1日4キロも食べる。里のクリに比べて小ぶりだが、シバグリもクマの大好物だ。樹皮には荒々しいクマのつめ跡があった。

 山の実りは豊作と凶作を繰り返す。凶作の年は決まって人里に出没するクマが増えた。シバグリの木はクマの被害に頭を痛めた町が、2003年までの10年間で57ヘクタールに植林したもの。奥山にエサを増やし、人里に来るクマを減らすのが狙いだ。「将来は木材としても高く売れる」と、町職員の栗栖浩司さん(46)が住民らを説き伏せて実現した。

 自然保護団体「日本熊森(くまもり)協会」(兵庫県西宮市)も1997年からコナラなどの植林を始め、今秋は初めてドングリが実った。和歌山や岩手でもクマのエサ場となる森づくりが進む。

 目的は同じでも、2年前に協会が全国に呼びかけた「ドングリ集め」は賛否が分かれた。都会の公園のドングリを送ってもらい、クマが出る人里近くの山間部にまく活動に、他の自然保護団体や研究者から批判が噴き出した。

 「地面に置いたドングリは、ネズミやイノシシなどのエサになるだけ」、「豊作と不作の繰り返しの中で、個体数を調節するのがクマの自然な姿。人が介入すべきではない」との批判もあった。

 森山まり子会長(58)は「荒れた奥山を凶作が襲った時、人が手をさしのべなければ、クマは絶滅してしまう」と言う。クマの捕殺数が爆発的に増えた今年も、全国から7・5トンのドングリが集まった。

 論争に決着はついていないが、双方とも「ドングリ集めは一時しのぎ」という点では一致する。背景には日本の森林の荒廃がある。

 クマのエサになる堅果類を多く実らせるのはどんな森か。広島県が調べたところ、ブナやミズナラの広葉樹林は全体の31~38%がエサを供給する樹種だったのに、スギやヒノキの針葉樹林はわずか4~6%。同じ広葉樹でも、クリやミズナラも混じる混合林の方がエサは豊富だった。

 だが、クマが暮らしやすい森は大戦後の拡大造林で激減。全国の森林の4割に当たる1036万ヘクタールが人工林に姿を変えてしまった。

 「エサ場にするために植林した森も、継続した下刈りや間伐が必要なことに変わりはない。植えっ放しでは森は再生できない」。NPO法人「日本ツキノワグマ研究所」(広島県廿日市市)の米田(まいた)一彦所長(58)が指摘するように、多様な森づくりには息の長い取り組みが必要だ。

 日本の鳥獣保護行政は環境庁が発足した71年、林野庁から環境庁(現環境省)に移管された。その結果、欧米では一体化されている森づくりと鳥獣管理が分断された。環境省は鳥獣保護、林野庁は木材生産に有利な林業を後押しするだけ。90年代に農業被害が深刻化しても硬直行政は変わらず、事態を悪化させた。ようやく森林・林業基本法の制定(01年)で、生態系に配慮した森づくりが盛り込まれたが、具体策はこれからだ。

 日本クマネットワーク代表の坪田敏男・岐阜大教授(野生動物医学)は「野生動物の生息地は政府が一体となって管理すべきもの。林野庁、環境省という枠にとらわれている場合ではない。自然の生態系は国民の共有財産だという意識を国家が持たないかぎり、日本の森と野生動物は守れない」と警告している。

(2006年11月30日  読売新聞)

2007年1月31日 (水)

(2)頼みのハンター 減る一方

北海道西興部村のガイド付きエゾシカ猟。昨年は114頭を仕留めた

 オホーツク海から内陸へ25キロ。北海道西興部(にしおこっぺ)村の牧草地に銃声が響いた。中標津町の空港職員、和賀健一さん(58)がエゾシカに駆け寄ると、まだ温かい手足から湯気が立ち上るのが見えた。体重約120キロの見事な角を持った雄の成獣。「これが命の重みか」。プラスチック製のソリに乗せたシカを仲間と一緒に運びながら思った。

 和賀さんが参加したのは、NPO法人「西興部村猟区管理協会」が10月末に開いた「新人ハンターセミナー」。3日間の研修には首都圏の大学生を中心に17人が参加。狩猟を体験し、獲物の解体を見学した。

 全国でシカによる食害が猛威をふるっている。北海道は最大の被害地で、全国の被害金額の7割を占める。道東部を中心に、農地の周囲に張り巡らされた高さ2・5メートルの金網(防鹿柵)は一時、2800キロに達したが、被害は止まらない。

 北海道は1998年にエゾシカ保護管理計画を作り、生態調査と捕獲事業に着手したが、ハンターの高齢化が大きな課題となった。道内の狩猟者登録は現在8000人を下回り、60代は「中堅」という状況。狩猟技術をいかに維持するか、その解決策として村は2年前、全域が鳥獣保護法で定められた有料の猟場(猟区)に指定された。セミナーのほかガイド付きの猟も行われている。

 ハンター不足は全国的に深刻だ。環境省によると、ピーク時の1970年に50万人いたハンターは20万人に減少。半数近くは60歳以上で、20~30代の若者は1割に満たない。

 シカ被害に悩む東京・奥多摩町は今春、足腰が弱り山に登れないハンターのため、4700万円を投じて簡易モノレールを敷設。保護一辺倒だった環境省も来年度から、ハンターの養成に乗り出す。

 「狩猟離れ」はなぜ進むのか。大日本猟友会専務理事の小熊実さんは「煩雑な手続きと厳しい銃規制」を挙げる。銃を使うハンターになるには狩猟免許のほか、銃刀法による所持許可も必要。毎年の銃の検査に加え、狩猟免許と所持許可は3年ごとに更新する必要がある。

 さらに、散弾銃で10年経験を積まないと、威力にまさるライフルの所持ができない制度も、ハンター不足に拍車をかける。西興部村の場合、ライフルの捕獲成功率だが、散弾銃は55%。今月中旬のシカ猟で散弾銃を使い、1頭もとれなかった道内のハンター(57)は「大型で俊敏な動物はライフルでないと仕留めにくい……」と悔しがった。

 80年代半ばには約70か所あった全国の猟区はいま、半分以下の約30か所。小熊さんは「治安対策上、銃の規制緩和は難しい面もある。山野の開発が進み、人間の活動領域が広がったため、狩猟の魅力が失われ、ハンターの減少に歯止めはかからない」と嘆く。

 90年代から急速に増えたエゾシカも明治初期には乱獲で絶滅しかけ、保護策によって回復した歴史がある。西興部村では一定の捕獲率を維持するため、個体数調査に基づき、入猟者を1日2組6人まで、捕獲も1人1頭に制限している。

 鈴木正嗣・北大獣医学部助教授(野生動物管理学)は「アイヌやマタギに代表される日本の伝統的な狩猟は獲物の有効利用や生態系への配慮も含んだ豊かな文化だった。今必要なのは、科学的な調査と知識に裏付けられた野生動物管理システムと、体系的な狩猟教育。優秀なハンターには、管理された猟区で捕獲効率が良い『夜撃ち』を認めるなど、猟銃の規制を柔軟に運用することも、自然の生態系を維持するためには必要なことだ」と指摘している。

(2006年11月29日  読売新聞)

は86%

2007年1月30日 (火)

(1)「クマにしつけ」前途多難

クマの捕獲、学習放獣は各地で行われている(長野県軽井沢町で、小林武仁撮影)

 「うちの捕獲ワナに、クマが入っている」

 兵庫県北西部、香美町の酪農家(72)から一報が入ったのは、11月下旬の朝。兵庫県森林動物共生室の野生動物管理官、宇佐川元巳さん(54)と田口彰さん(49)は、車で氷ノ山(ひょうのせん)山ろくの高台を目指した。

 大型の雄のクマは、牛舎の脇に設置されたドラム缶式のワナに入っていた。県の委託で駆けつけた「野生動物保護管理事務所」(本社・東京)の浜崎伸一郎・獣医師(44)が、ワナのすき間から麻酔剤を注射。眠った状態で引き出す。

 「体重156キロ、体長137センチ」。宇佐川さんたちは、記録を取り、首に発信器を装着、町の職員から最近の出没状況を聞き取る。一方で、酪農家に「初めて捕獲したクマは、出て来んようお仕置きをして、一度、山奥に放獣することになってます」。県のルールを説明し、了解を求めた。

 「こんな大きなクマ、自分たちではとても対処できません。管理官たちが来てくれて本当に助かった」。酪農家はほっとした表情だった。

 イノシシ、シカ、サル――今年は野生動物の住宅区域への侵入や、人、農作物への被害が全国的に大きい。しかし、自宅の柿の木にクマが登っているのを見つけても、住民はうろたえるばかりだ。泣きつかれた自治体職員も手の打ちようがない。頻々と飛び込むこうしたSOSに、管理官は携帯電話で指示する。

 「まず、近所の人を家の中に避難させてください。周囲はどんな地形ですか? クマが逃げられる方向を空けておいて、様子を見てください……」

 また、サルの群れに襲われた集落では、空砲を鳴らしたり、ロケット花火を群れに向けて発射して、サルを山に返す作業を行う。

 宇佐川さんたちの研修を担当している、兵庫県立人と自然の博物館の横山真弓・主任研究員(39)は、「全国に共通することですが、住民や自治体職員に野生動物に対する知識、対処法が全くない。まず現場に出かけて、『このクマは駆除する』、『こうして追い払う』などを判断し、指揮する人が必要なのです」という。

 兵庫県でも、トラブルが発生するたびに大学や博物館の研究者に問い合わせ、場当たり的な対処を繰り返してきたが、出没の急増で対応しきれなくなり、全国で初めて、欧米で活躍している「野生生物保護管理官」の導入を決定した。管理官は県庁内で公募し、昨年、林業、農業部門から5人の職員が選任されたのだ。

 管理官制度が正式発足するのは来年4月だが、捕獲動物の追跡調査、駆除、里へ近づけない方法の伝授、狩猟の監督など、幅広い活躍が期待されている。

 獣医師の浜崎さんは「現場の実態を行政や研究者に伝えて、法律、予算面でも反映させる、こうした橋渡し役は私たち専門家にもできず、管理官ならではの役割です」と話していた。

 野生動物は、県境も、霞が関の省庁の壁も自在に乗り越えて行動する。梶光一・東京農工大教授(野生動物保護管理学)は、こう警告する。

 「行政の抜本的な対策が取られなければ、気づいたときには、ある地域の動物は絶滅、あるいは制御が利かないほど被害を増やすなど、獣たちの反乱は一層拡大してしまいます……」(この連載は、編集委員・小出重幸、科学部・佐藤淳、地方部・高倉正樹が担当しました)

(2006年12月2日  読売新聞)

その他のカテゴリー

COP14 COP15 COP16 Google Earth Inconvenient Truth 不都合な真実 NPO 【地球発熱】序章 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 おすすめ おすすめサイト かつしかっ子探検隊 ごみを生かす ごみ問題 ごみ漂流 つながる生命 どこまで減らす みんなのメッセージ アマゾン・大豆街道をゆく アースデイ東京2007 エコキャップ運動 エコタウンを歩く エコツーリズム エコハウスが欲しい エコビジネス エコプロダクツ2008 エコポイント エコマーク エコ林道 エコ農法 エネルギー利用 エルニーニョ現象 オゾンホール ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ クリック募金 グリーン電力 サンゴからの警告 サンゴを守れ スギ林の逆襲 タカエコ通信 ツボカビ菌 ノーベル賞 ハシブトガラス バイオ燃料 バイオ燃料  ヒートアイランド現象 フードマイレージ ブループラネット賞 ヤゴ救出作戦 リサイクル リサイクル偽装 レール復権 不用家電はどこへ 不都合な真実 世界遺産 人を守る 人体にみる汚染 人工養浜 偉人 動物園 化石燃料 南極異変 危険遺産リスト 原油流出 商品偽装 地熱力 地熱発電 地球カレンダー 地球シュミレーター 地球温暖化 地球環境を考えるシンポ 地球異変 地球異変余禄 地球発熱<第一章> 地球発熱<第2部 排出権> 地球発熱 第1部 備える 地球発熱<第1部・備える> 地球発熱<第3部・さあ、実践> 地震 地震の前触れ 塩害 変わる富士 外来生物 外来種の帰化 大気汚染 奥日光湿原の攻防 宇宙 安全?危険?電磁波 小学生「エコ漫才」グランプリ 展覧会 川の恵み 帰化植物 技術革新 揺らぐリサイクル 新エネルギー 新技術の実験 新種 新聞記事 日本の自然遺産 日野市環境学習講座 景観守ろう! 暮らしを見直す 最前線 有機農法 朝日地球環境フォーラム2010 東京エコロジー 東日本大地震 枯れる海 桜情報 森が動く 森が盗まれる事情 森を減らさない 森林伐採 森林浴 水危機 水危機 番外編 水質汚染 水質浄化 水道水 水都再生 河川浄化 油濁の海 洞爺湖サミット 海洋資源の保護 海砂異変 渚ものがたり 渡良瀬1世紀 温暖化って?_ 漂流プラスチック 火山列島 無農薬 特定外来生物 獣たちの反乱 現代温泉考 現代風車物語 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ 環境問題 環境問題と自然 環境学習 環境浄化植物 環境税 環境講座 環境配慮行動 環境配慮行動のジレンマ 生きものブランド米 生き物は訴える_ 生命の起源 生物多様性 生物多様性会議 生物多様性基本法 生物多様性条約第10回締約国会議 生物農薬」 皆既日食 皇居の森 省エネルギー 秀作本紹介 秋の鳴く虫観察会 移入生物 種の保存 絶滅危惧 絶滅危惧種 緑のカーテン 緑のダム 緑化は善か_ 縮む海氷を追え 老いる森_ 老いる森_ [1] 脱ダム 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ 脱炭素 脱炭素米欧中報告 自然 自然と環境 自然保護 自然再生 自然案内人 自然観察 西東京アースデイ 読売新聞 調査捕鯨、是非! 赤潮 越境汚染 農村生活 追跡・アスベスト禍 道路特定財源 都会を冷やせ 都市の生物誌 都市ウェーズⅱ 都市緑化 都市鉱山 酸性雨 里山 間伐材 限界集落に生きる 集中豪雨 電磁波 食料危機 食糧自給率 高潮 高砂音楽祭2008 高砂音楽祭2010 2輪が行く [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる CO2が見える COP16 G8環境相会合

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。