ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

現代風車物語

2006年12月29日 (金)

欧州手本に拡大目指せ

P5s

製造中の大型風車の羽根。21世紀に入り日本の風力発電導入量は急増している(長崎市の三菱重工・長崎造船所で、大野博昭撮影)

 北海道稚内市。サハリンを望む宗谷岬の丘陵に、昨年11月、国内最大規模の57基、総出力5万7000キロ・ワットの風力発電施設が完成した。市内には、市営風車など合わせて74基の風車が回り、「風のまち」を印象づけている。

 稚内新エネルギー研究会の会長として、自然再生エネルギーによる地域作りに取り組む建設会社社長、長谷川伸一さん(51)は1999年、視察先のデンマークで、「風のがっこう」を主宰する日系デンマーク人、ケンジ・ステファン・スズキさん(61)と出会った。立ち並ぶ発電用風車に案内され、「北海道も、同じ風力エネルギーの宝庫に生まれ変わることができる」と確信したという。

 そのスズキさんは、日本の風力発電の発展を陰で支えてきた人だ。

 岩手県生まれ。大学を中退してデンマークに渡った。農場を経営する傍ら、デンマーク製の風車を日本へ仲介する仕事をしていた97年、ユトランド半島中部の自宅近くに、私塾「風のがっこう」を開いた。

 デンマークのエネルギー事情を紹介し、風力発電の仕組み、風車を日本に導入するための手続きなど、実践的な知識を日本語で講義してきた。合宿方式の研修には、日本から学生、自治体職員、NGOスタッフなど、延べ1800人が参加している。

 研修生の一人で、地域で環境教育に携わる岩手県葛巻町職員、下天广(しもてんま)浩さん(29)は「知識の詰め込みではない、人を育てる精神を感じた」と語る。薫陶を受けた人たちが今、全国各地で風力発電など自然再生エネルギーの普及に携わる。

 風力発電の総出力は現在、世界全体で約6000万キロ・ワット。その7割は欧州だ。毎年20%を超える伸びを続け、欧州に続いて米国、インド、中国などで新規建設が多い。

 先導役となったデンマークは現在、エネルギー自給率100%。その2割を風力発電(約350万キロ・ワット)でまかなうが、73年の第1次石油危機当時、エネルギー自給率は約2%しかなかった。危機感を抱いた政府はエネルギー政策を一新。北海油田開発と自然再生エネルギー利用に乗り出し、その主力が風力発電だった。この流れが、周辺国に広がった。

 スウェーデンのボルボ・トラック社では、2年後までに欧州の3工場で使う電力をすべて、風力発電などの自然再生エネルギーに切り替える計画だ。

 一方、日本の風力発電は出遅れた。背景には、技術的な事情もある。例えば、家庭用電圧(100ボルト)が欧州に比べて低く、発電量が不安定な風力発電を送電網に連結すると、電圧や周波数が変動して電気の品質を落としやすいことなどだ。国内の風力発電総出力は約110万キロ・ワット。資源エネルギー庁は、2010年度にこれを300万キロ・ワットに引き上げる目標を掲げるが、それでも、国内の消費エネルギーに占める割合は0・2%に過ぎない。

 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也(てつなり)所長は「日本の環境で、自然再生エネルギーの利用は不可欠だが、行政は積極性に欠けていた。政府はより明確な拡大政策を示すべきだ」と語る。

 「風のがっこう」は02年以降、京都府と栃木県内に日本分校ができ、スズキさんは両国を往復して指導にあたっている。風力発電関係者や関心を持つ市民が研修を受けており、稚内市や富山県内でも分校開設の準備が進む。

 「自然エネルギー普及には、人々の心に意識の種をまく作業が大切なのです」

 スズキさんはこう語る。

 (この連載は、生活情報部 室靖治、編集委員 小出重幸が担当しました)

(2006年6月17日  読売新聞)

2006年12月26日 (火)

「回らない」 訴訟や撤去


発電量が見込みを大幅に下回った問題の風車(つくば市内で、本社ヘリから)=川口正峰撮影

 茨城県つくば市内の19の小中学校に昨年夏、円筒とリング型の羽根を組み合わせた、風変わりな風車が計23基建設された。高さ10メートル、出力10キロ・ワットの風力発電機が、校庭の一角で、子どもたちを見下ろしている。つくば市では、発電した電力を電力会社へ売った収益で地域通貨を発行、環境イベントなどに参加した市民にこれを配布し、買い物してもらう――という仕組みを描き、このプロジェクトは環境省の循環型社会モデル事業にも選ばれた。

 ところが、この風車があまり回らない。

 元市議の亀山大二郎さん(65)らが、昨年11月から月1回、19校を回って風車のそばに掲示された発電量を記録した。その結果、4月までの発電状況は、最も多い風車で計197キロ・ワット時、少ないところは18キロ・ワット時。計画では年間発電量は18万キロ・ワット時だったが、4月までの総発電量は1587キロ・ワット時で、1%にも達していなかった。

 つくば市は年間平均風速が毎秒2メートルと、風車にはあまり適していない。そんな条件でも回る風車を探し、早稲田大などが開発した縦型風車を契約した。それがさっぱり働かない。

 市では「わずかな風でも回る筒型風車と、発電効率が高いリング型風車を組み合わせた新機種、という早大の説明を信用した」と釈明する一方、「早大にだまされた」として4月、早大と風車メーカーを相手に約3億円の損害賠償訴訟を東京地裁に起こした。

 これに対し早大側は「市の要請通りに設置しただけ。風況の良くない場所で大きな発電量を得ようとするなど、市の計画自体にずさんさがあった」と反論する。

 一方、亀山さんらの調査では、発電量を予測する「風況調査」を風車設置場所で行わなかった、機種を選ぶ委員会も委員長を決めないまま結論を出すなど、市の不手際も明らかになったという。このため、「市の計画はずさん。公費を無駄遣いした」として、亀山さんらが市長を相手に損害賠償訴訟を起こすなど、つくば市の風車は思わぬ騒動に発展した。

 伊豆半島南部の静岡県東伊豆町では、2003年、天城山ろくの高台にある町有地(標高430メートル)に、出力600キロ・ワットの風車3基を設置した。

 同町では建設予定地にポールを立て、10メートルと20メートルの高さに風力風向計を設置。1年間観測を続け、季節に応じて海側と山側の両方から、平均秒速6・6メートルの風が吹くことを確認して、建設を決断した。

 風車は順調に稼働。同町の森田七徳(かずのり)主査によると「発電収入は年間約5000万円。修理費などを引いても年1500~2000万円の利益が確保できます」という。

 成り行き任せの行動を「風任せ」と例えるように、風力発電には不安定な要素が多い。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)によると、設置条件が悪いなどで撤去・休止された風車は1985年以降、全国で37基。総出力7700キロ・ワットが失われた。

 北海道経済産業局が04年、道内の風力発電稼働状況を調査したところ、発電計画の95%以下だった発電所が、全体の38%に達することが明らかになった。調査を担当した北海道産業保安監督部の仲条覚・課長補佐は「事前に綿密な風況調査を行った発電所の多くは発電実績も安定している。風車成功のカギは適切な風況調査、気象観測にあるといっても過言ではありません」と説明している。

 事前検討に課題を残したつくば市。早大を相手取った訴訟は、19日に第1回口頭弁論が行われる。

(2006年6月15日  読売新聞)

2006年12月25日 (月)

野鳥の衝突 防ぐ難しさ

風車にぶつかって死んだ野鳥を調べる浅川さん(北海道江別市の酪農学園大で)

 原野に工業団地が広がる北海道・石狩海岸。その一角に高さ約80メートルの風車が2基、立っている。昨年12月、風雪が吹き荒れた翌日だった。奥田耕三さん(37)が、市民風車「かりんぷう」(出力1650キロ・ワット)に近づくと、雪の中に倒れた野鳥の姿。希少野生動物のオジロワシだった。左の肩などに深い傷があり、浅川満彦・酪農学園大助教授(獣医学)の解剖所見などから、環境省北海道地方環境事務所は、風車の羽根などにぶつかる「衝突死」と判断した。

 奥田さんは、風車を運営する北海道グリーンファンド(札幌市)の職員。「事前に野鳥の渡りルートではないことを確認するなど、配慮をしてきただけにショックでした」

 2001年に北海道でスタートした市民風車は、自然再生エネルギーを支援する市民が、資金を出し合って建設する新たな環境運動だ。電気を電力会社に売り、出資者が配当を受け取る。全発電量の2割近くを風力でまかなうデンマークでは、税制上の優遇措置などにより、風車の8割が市民出資型だ。

 一方、日本は大手風力会社が先行。自治体などを含め、現在約1050基ある発電風車のなかで、市民風車は、まだ8基にすぎない。電力会社による電力買い取り価格が安く、買い取り量にも上限があるなど、普及にはまだ多くの足かせがある。

 総事業費約2億6000万円の半分を市民が出資し、2月に運転を始めた青森県大間町の「市民風車・おおま」(出力1000キロ・ワット)では、資金調達に苦労した。運営法人の代表理事、富岡敏夫さん(59)は「利益の見通しがないと5銀行から融資を断られた」と振り返る。

 それでも、環境問題の解決になるという夢が支えになってきた。「これが自然破壊につながるならば、がっかり」と奥田さんはこぼす。

 発電用風車に野鳥が衝突する事故は、世界各国で発生している。「米国では年間3万5000羽が死んでいる」(カリフォルニア州エネルギー委員会)という。日本国内でも風車が増えた1995年ころから報告され、2004年以降オジロワシだけで5件の死が確認された。

 自然再生エネルギーの推進か、野鳥の保護か、皮肉な対立は環境省にも影を落とす。希少種の保護を受け持つ自然環境局と、地球温暖化防止策を推進する地球環境局との“反目”が続き、具体的な解決策はまだ見えていない。

 もう一つの課題が、景観破壊問題だ。

 島根県出雲市に09年度、国内最大規模となる風車26基(総出力7万8000キロ・ワット)を建てる計画が進んでいる。出資はユーラスエナジージャパン(東京)など。地元は賛成派が多いが、予定地が「国引き神話」に登場することから、歴史研究者などが「観光県の景観が台無しになる」と反発している。

 景観論争はデンマークのコペンハーゲン沖合に建設された洋上風力発電所でも起こった。この時は20基の配置を、弧を描くようにデザイン変更して決着し、2000年に完成。政府がいくつもの予想景観図を描き、広く情報提供したことが成功のカギとされる。

 産業技術総合研究所の丸山康司研究員(環境社会学)は「野鳥被害、景観問題とも完全な解決は望めないので、風力発電の公益性とのバランスで考えるべき。さまざまな立場の人を加えた議論で社会的な認知を重ねる必要がある」と語る。

 奥田さんたちは、風車の羽根に点滅光を当てるなど、新たな鳥よけ対策を検討中。最良の方法を求めて、当事者の模索は続く。

(2006年6月14日  読売新聞)

2006年12月24日 (日)

羽音静か 理想の「小型」

F1s

梅雨空の下、わずかな風をとらえて勢いよく回るゼファーの小型風車(東京・杉並区で、秋山哲也撮影)

 東京・杉並の住宅街。マンションの3階屋上で、シュルルル……静かな羽音とともに、直径1・8メートルの風車3台が回る。この小型風力発電機「エアドルフィン」が、12世帯が住む建物の廊下と階段を照らす。

 総重量17・5キロだが、出力は1キロ・ワットで、従来の小型風車の数倍の能力を持つ。平均秒速6メートル、木の枝が揺れる程度の風が吹けば、一般家庭用電力の3分の1をまかなえる高性能機だ。「地震で停電になっても、太陽光パネルとのコンビで数日間は大丈夫。1台約50万円の価値は十分ある」と、家主の関教雄(みちお)さん(76)。

 「宅配便で配達可能」というこの装置がいま、小型風車の世界に革命を起こそうとしている。

 生みの親のゼファー(東京)社長、伊藤瞭介さん(67)は、音響機器メーカーの山水電気で、スピーカーを始め多くのヒット商品を手がけた人。同社社長として経営立て直しに奔走したが、外資買収後の1990年に退任、経営コンサルティング業に転じた。自然再生エネルギーの調査依頼が持ち込まれ、風車と出合う。「第二の人生は、環境負荷の少ない製品で世界一を」。97年に、山水出身の技術者らと4人でゼファーを興した。

 風車の課題の一つが騒音だ。スタッフが「日本野鳥の会」の展示室でシマフクロウの羽を観察し、ヒントを得た。羽音をさせず獲物に接近するフクロウの羽に似た細かい溝を、カーボンファイバー製の羽根の表面にデザインし、騒音を抑えるのに成功した。

 一方、都市部の微風でも発電できるよう、付属バッテリーから電力を送り込んで羽根を回転しやすくする装置も導入。素材メーカーや大学などと共同で、4年がかりで大型風車にも対抗できる性能を獲得した。

 敗戦後の焼け跡で米軍の真空管を手にした幼いころから、ラジオ、アンプと、機械いじりを続けてきた伊藤さんを、妻の澄子さん(65)は「退職後くすぶり続けていた物づくりの情熱が、ようやく実ったのでしょう」と見守る。

 発電用風車の歴史は、デンマークの地球物理学者ポール・ラクールが1891年に建設したのが起点とされ、世界の風力発電総出力は現在、約6000万キロ・ワット。ところが電力網に安定して電力を供給するには、1000キロ・ワットを超える大型風車を並べる必要があり、風力発電の発達は大型化の歴史でもあった。その陰で、小型風車の技術開発は遅れた。日本でも家庭向け風車が登場したが、まかなえるのは家庭用電力の数%たらず。「環境問題を考えるシンボル」に過ぎなかった。

 そんなイメージを払拭(ふっしょく)する高性能機が今年2月、ようやく登場したのだ。5月にドイツ・ハンブルクで開かれた見本市「風力エネルギー2006」に出品されたエアドルフィンは、各国技術者の注目を集めた。見本市を視察した牛山泉・足利工大副学長(エネルギー変換工学)は「高い性能だけでなく、家庭向け風車に欠かせない安全、美しい外観、静かさという3要素を備えている。ヨーロッパでも需要は伸びるだろう」と語る。

 山小屋や監視カメラ用の電源に使われ始めたが、6割は輸出向けで、英国、イタリアなどに送られる。

 「小型風車は、出力当たりの重量が大型風車の10分の1ほど。設営が安価で、修復も簡単。大型の欠点がすべて長所になる。地域電力の供給にはこちらの方が効率が良いでしょう」。伊藤さんの夢は広がる。

 風力発電は、化石燃料を消費しない自然再生エネルギーの代表格だ。ようやく身近になってきた風車のいまをお伝えする。

(2006年6月13日  読売新聞)

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。