ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

油濁の海

2011年2月 3日 (木)

海鳥真っ黒…座礁貨物船から重油、石川の海岸に

201102021123561n

油でくちばしまで真っ黒になった海鳥(宝達志水町今浜で)

201102021124251n

千里浜なぎさドライブウェイに漂着した重油(宝達志水町今浜で)

 パナマ船籍の貨物船「BOHAI CHALLENGE」(8708トン、乗組員19人)が1月30日未明、石川県の金沢港西防波堤で座礁した事故で、同船から流出した重油の回収作業が2日、始まった。

 船にはC重油443キロ・リットル、A重油が95キロ・リットル搭載されており、一部が海上に流出。金沢海上保安部や県危機対策課が確認したところ、2日午後3時現在、防波堤付近に幅50~100メートル、長さ1~1・5キロの油が3本、帯状に浮流していたほか、内灘町から羽咋市にかけて海岸への漂着が認められた。

 この日は、船主の依頼を受けた業者約20人がスコップを手に、海岸で油の回収作業にあたったほか、地元の住民らの姿も見られた。

 宝達志水町今浜の千里浜なぎさドライブウェイでは、油が海岸線一帯に漂着。波打ち際では、油で真っ黒に染まり、飛べなくなった海鳥の姿や、海鳥の死骸が見つかった。重油を回収していた日本釣り振興会県支部の一川邦洋支部長(53)は、「油はすごい量で、数十人の規模では1日での撤去は無理だ。早く重油を処理しないと、どんどん砂に埋まってしまう」と不安そうに話していた。

 一方、流出した油により、漁への影響を不安視する声も出始めている。沿岸域で行う「刺し網漁」などで、網や漁獲物に油が付着する恐れがあり、県漁協は「今後の漁への影響が出る恐れがある」と心配している。

 3日は船を固定し、油の抜き取り作業を始める予定。

(2011年2月3日10時44分  読売新聞)

2006年12月23日 (土)

自然守れ 米の徹底調査

Exs

 米カリフォルニア州の沿岸で、1973年ごろからほぼ毎冬、嵐の後に油まみれになった海鳥の死骸(しがい)が多数発見された。

 同州魚類鳥獣保護局に置かれた「油流出防止対策室」(OSPR)は、職員200人を抱え、事故の防止や調査にあたる。4年前、この謎の油流出の発生源を突き止めた。サンフランシスコ沖の水深53メートルの海底に眠る「ジェイコブ・ルッケンバック号」。ほぼ半世紀前の53年に衝突事故で沈んだ貨物船だった。

 発生源解明への出発点は、海面に浮かぶ油をとらえた衛星写真による海域の特定。同州沖に眠る約1500もの沈没船の記録と照合し、疑わしい船を5~6隻に絞った。

 当初は84年に衝突事故で沈んだタンカー「プエルトリコ号」が疑われたが、石油会社提供の燃料サンプルは、海鳥に付着した油と一致しなかった。

 一方、スキューバダイビングをしていた一般ダイバーがジ号の周辺で採取した油が、海鳥に付着した油と一致。さらに、沿岸警備隊がジ号の周りに遠隔操作できる小型撮影機を潜らせたところ、機器に同種の油が付着した。最終的に、ダイバーが船体に穴をあけて取り出した燃料を確認し、2002年2月、OSPRは公表にこぎつけた。

 同年夏には約4か月間かけ、ジ号から約2400バレルの油が除去された。ダイバーたちが交代で、熱した鉄棒を船体に差し入れ、冷たい水の中でピーナツバター状に固まった油を溶かし、ポンプで排出した。取りきれずに残った約700バレルは、船体の穴を封印して流出を防いだ。

 油の除去費用を負担すべきジ号を所有していた会社がすでに存在しないため、連邦政府の基金から約2000万ドル(約23億円)が投じられた。

 ジ号から流出した油は計約7000バレルに達し、50種以上に及ぶ約5万1000羽の鳥、8頭のラッコが犠牲になったと推計される。

 ここまで徹底した取り組みを行うのはなぜか。OSPRの広報担当、デイナ・マイケルズさん(52)は「野生生物やその居住環境を含む自然資源を守ることは我々の使命」と明快だ。

 知床の海鳥大量死をもたらした発生源解明のため、日本政府は、そこまでするだろうか。特定された海域が他国の領海や排他的経済水域内で、その国の協力が得られるなら?

 環境省の小林光地球環境局長は言う。「費用対効果ですね。どのくらい金がかかるか。油流出が繰り返される恐れはあるのか。漁業被害があるなら一生懸命発生源を探すが、流出した油の量は少ないようだし」

 米国では89年、アラスカ沿岸で座礁したタンカー「エクソン・バルディーズ号」による油流出事故をきっかけに、原因者に環境被害への賠償金支払いを100%課すほか、原油への課税で回収や回復作業費をまかなう基金も設ける油濁法(連邦法)ができた。海の中の魚やプランクトンと違って状態を把握しやすい海鳥の被害は、生態系全体の被害を測るバロメーターと位置づけられている。

 日本を始め、ロシア、中国、韓国、台湾へ原油を運ぶ石油タンカーが行き交う日本近海。たかが海鳥、と海の汚染を見過ごしていては、資源を守ることはできない。(この連載は、河野博子、古沢由紀子、佐藤淳、吉田典之、一言剛之、蒔田一彦が担当しました)

(2006年4月29日  読売新聞)

2006年12月22日 (金)

生かせ ナホトカの教訓

Nhs

ナホトカ号の重油流出事故で、海岸の石にこびりついた重油をふき取るボランティア=1997年1月、福井県三国町(現坂井市)で
うち寄せる真っ黒な油の層が、分厚い布団のように見えた。1997年1月。神戸市の御川三喜男さん(56)は福井県美浜町の海岸にいた。島根県沖で沈没したロシアタンカー「ナホトカ号」から流れ出した大量の重油が日本海側の各地に漂着し、漁師やボランティアによる油の回収作業が始まっていた。

 本業は電気工事業の週末ボランティア。日曜日の早朝にバスに飛び乗り、日帰りで回収作業に参加した。

 「阪神大震災の時、自分はほとんど被害がなかったのに、困っている人のために何も出来なかった。テレビを見て、居ても立ってもいられなかった」と御川さんは言う。

 バス会社の協力で、兵庫や大阪からは毎日のようにボランティアを運ぶ無料バスが運行された。車両はいつも満員。日本災害救援ボランティアネットワーク理事長の田中稔昭さん(67)によると、こうしたバスを利用して阪神地方から延べ2000人が油の回収に従事した。全国から駆けつけたボランティアの総数は、のべ28万人にのぼった。

 石川県珠洲市で、ボランティアを受け入れる「珠洲ボランティアセンター」を設置した元県議の北野進さん(46)は情報不足に歯ぎしりした。漂着油が多いのはどこか、どんな回収法が効率的なのかがわからない。

 一足早く油が漂着した隣の福井県の状況を知りたくても、福井県と石川県で管区が違う海上保安庁は、要領を得ない。漂流中の油は県、漂着すれば市町村の管轄だと言われた。北野さんは「行政機関が情報共有できていない状態で現場が正しい方向に動けるはずがなかった」と振り返る。

 ボランティア受け入れにかかわった星稜女子短大の沢野伸浩助教授(45)は、「どこから着手するか、どういう手段を取るか、科学的データに基づいた回収作業の戦略がなかった」と指摘する。「重機が入れないから」と放置された海岸があった。漁業や観光への影響を心配し、早々と作業を打ち切った市町村もあった。

 砂が細かい砂浜の場合、木片でかき集めるのが良い。トラックが入れる場所に回収した油の一時集積所を設ける。作業の際にはマスク、ゴーグルを身につける――。翌98年、石川県が作った漂着油回収マニュアルは、具体的なノウハウの蓄積を示す。

 いま、同じような油流出事故が起きた場合、体制は万全なのか。

 環境災害から生態系や野生生物を守ろうと、事故後、自然保護、海上災害防止などの団体で設立した日本環境災害情報センターの植松一良会長は「海の上は、指揮命令系統や方法が決められ、体制が整った。しかし、自治体が責任を負う海岸は、権限を持つ現場の指揮官が明確に定められておらず、緊急時に効果的な作業ができるかどうか疑問だ。自然環境調査も、環境省、水産庁などのデータがバラバラで、どういう順番に何を守るべきかの優先順位がついていない」と話す。

 油の影響は、今も残る。沢野助教授の調査によると、石川県の沿岸83か所の調査地点で残留油が確認されたのは、2002年9月の43地点から、昨年11月には15地点へと減ったものの、重油が岩や消波ブロックに残っていた。

 教訓も残った。それを生かせる体制には、まだ手が届いていない。

(2006年4月28日  読売新聞)

2006年12月21日 (木)

汚染物 中国、朝鮮からも

K1s_1

 油まみれの海鳥が、懸命にもがいている。浮力を失った体は半分以上、海面下に沈み、見えるのは首と背中の一部だけ。浜に座り込み、必死で羽繕いする姿もあった。

 長崎県の沖合に浮かぶ対馬。島北部にある環境省対馬野生生物保護センターの獣医師、村山晶さんは今年2月中旬、海岸で連日、繰り広げられる光景に心を痛めた。

 「油で真っ黒になった海鳥がいる」。地元の漁師から情報が寄せられて以来、油まみれの海鳥が次々と漂着していた。油の塊も見つかった。大きいものは直径2メートルに達した。

 センターに運び込まれる海鳥は、やせて衰弱し切っている。村山さんは、震える鳥の体を支えて油を洗い落とし、エサを与えた。

 3月末までに確認された海鳥は114羽。このうち25羽が保護された。必死の手当てにもかかわらず、野生復帰できたのは5羽だけだった。油まみれの海鳥の漂着は今年で3年続く。昨年は12羽、一昨年も20羽が確認されている。

 5年前の1月には、大量の重油が押し寄せ、島の西岸を中心に漁業被害が出た。漁師の富安初実さん(61)は、トラフグを養殖いけすごと、急いで沖に避難させた。富安さんは「フグは何とか助かったが、入り江の奥まで油が達していたら、かわすことはできなかった」と振り返る。

 今年、対馬に漂着した海鳥の油は分析中で、排出源はまだわかっていない。昨年、一昨年分は、油の分析すら行われなかった。

 5年前、対馬に押し寄せた油は、韓国の領海で沈没したタンカーの重油と成分が似ていたことが、海上保安庁の調査で判明。長崎県漁業協同組合連合会によると、その後、タンカーの船主が加入していた保険会社から、計4200万円の補償金(請求は8370万円)が支払われた。

 上対馬町漁協鰐浦支所の漁組長、宮原重人さん(68)は、年々増える漂着ゴミに頭を痛める。宮原さんの小舟で、入り江の海岸を回ると、ハングルや中国語が書かれたペットボトルや漁具が散乱していた。

 「毎年、集落総出で掃除しているが、浜はすぐゴミでいっぱいになってしまう。油もゴミも同じかもしれない」。漂着ゴミを手に取り、宮原さんはつぶやいた。

 九州大学応用力学研究所の増田章教授によると、対馬近海では、東シナ海から日本海に流れ込む流れが強いため、漂着物は朝鮮半島や中国の沖合から流れてきた可能性が高い。

 昨年、日本の周辺海域で確認された油による海洋汚染は229件。全体の7割を占める166件は船舶からの排出だが、15%に当たる34件は排出源がわかっていない。不明率を海域別に見ると、北海道と日本海沿岸が高い。

 油にまみれた海鳥が見つかるたび、絶滅の危機にある国の天然記念物ツシマヤマネコのことが、獣医師の村山さんの頭をかすめる。

 昨年、センターの関係者が海岸に近い公衆トイレの中で、油まみれの海鳥が引きちぎられた無残な姿を発見した。獣に食べられたことは明らかだった。

 村山さんは「ツシマヤマネコは漂着した海鳥も食べるため、油まみれの鳥の漂着が続くと、二次被害も起きかねない。本土から見れば、対馬は油汚染の防波堤。漁業被害がなくても、海鳥被害を十分に調査すべきだ」と話している。

(2006年4月27日  読売新聞)

2006年12月20日 (水)

利害が交錯 国境の壁

K2s_1

知床半島(中央)の向こう側に見える国後島。油まみれの鳥はどちらにも漂着した。国境の壁が原因究明を阻む=2004年12月、本社機から

北方領土・国後島の海岸に横たわる鳥の写真が、プロジェクターで次々に大写しになった。3月11日、札幌市内で開かれた海鳥大量死の報告会。獣医師で、釧路市にある猛禽(もうきん)類医学研究所代表の斉藤慶輔さん(41)が、鳥の体を指し示しながら、指摘した。

 「羽に油と見られる黒い汚れが付いています。ただれや体液による羽毛の汚れ、脱落などはありません。感染症なら膿(うみ)などで内側から汚れてくるはずです」

 知床の海鳥大量死に続き、国後島でも鳥の死骸(しがい)数百羽が見つかった。同島を実効支配するロシアの担当者は、「鳥の死因は、伝染病」との見方を打ち出した。斉藤さんは、ロシアの民間団体「サハリン環境ウォッチ」から国後島の鳥の死骸の写真を入手し、つぶさに検討した。その結果、感染症説に疑問を投げかけ、油汚染の可能性を指摘するこの日の報告になった。

 日本の研究者や専門家は当初から、鳥の大量死の発生現場はロシア側と見た。知床に流れ着く海流は、サハリン東を南下してくる東樺太海流と、日本海から宗谷岬を回り込んでくる宗谷海流があるが、「冬は宗谷海流の勢いが弱まる。鳥は東樺太海流に乗って漂着した可能性が高い」(北海道大低温科学研究所の大島慶一郎・助教授)という。

 ロシアからは、これを否定する発言が伝えられた。3月6日付のインターファクス通信は、サハリン州天然資源監督局のセルゲイ・コテリニコフ局長が南サハリンが発生現場であるという説を全面否定し、「(事故発生の)痕跡は北海道で探さねばならない」と述べた、と報じた。

 「国後島で死んでいた鳥からも油が検出された」。ロシアが道や日本政府に伝えてきたのは、今月12日。斉藤さんが報告会で「油の付着」を指摘してから1か月がたっていた。

 環境NGOや報道機関など民間の動きに比べ、日露両政府の腰は重い。

 今月12、13の2日間、東京で、両国が定期的に情報交換を行う日露環境保護合同委員会が、3年ぶりに開かれた。席上、ロシア連邦天然資源省のアレクサンダー・イシコフ環境保護政策局長は、死んだ鳥に付着していた油が「C重油」という道の調査結果を踏まえ、「オホーツク海域を通った船からの油流出が原因の可能性がある」とし、日本側への情報提供や調査協力の用意がある、と述べた。

 しかし、日本政府は、鳥の死骸に付着した油の分析結果などについてまだ照会すらしていない。オホーツク海域を通過した船やロシア沿岸に入港した船、さらに過去10年間の沈没船についての照会を行ったが、回答待ちのものも多い。

 北海道東部にある網走漁協常務理事の北村吉雄さん(60)は「風評被害で魚が売れなくなれば、打撃は大きい」と心配する。油そのものは流れ着いておらず、海産物への影響も報告されていない。それでも、沿岸の漁協や自治体には、「オホーツク海のカニや魚を食べても大丈夫か」といった問い合わせが来るという。

 サハリン沖では、石油採掘や天然ガスの開発プロジェクトが進む。

 油汚染の実態解明に及び腰の両国の行政。利害を意識しての不毛な“論争”。ソ連時代から苦難の時代をくぐってきた漁業者たちは、いまなお国境の壁に不安を増幅させている。

(2006年4月26日  読売新聞)

2006年12月19日 (火)

海鳥の死 犯人は沈没船?

U1s

斜里町ウトロの海岸で行われた海鳥の死骸の回収作業(3月6日)=原中直樹撮影

 流氷観光シーズンただ中の北海道・知床の海岸で、愛知県刈谷市の写真家戸塚学さん(40)は、思わず息をのんだ。

 白く積もった雪がとけたところに点々と散らばる黒いかたまり。カラスがしきりについばむ。近づいてみると、黒い油がべっとり付着し、変わり果てた姿の海鳥たちだった。

 斜里町の知床自然センターまで車を走らせながら、「ナホトカ号や湾岸戦争の時の油流出の再現だ」と胸が苦しくなった。この2月27日、戸塚さんの通報は、海鳥大量死の「発見第1号」となった。

 日本野鳥の会の古南幸弘自然保護室長(44)は、「昨年12月下旬があやしい」と見る。

 1997年、1300羽以上の水鳥が回収されたロシアのタンカー、ナホトカ号による重油流出事故にかかわった古南さんは、事故直後に新潟県の海岸から離れた山中で、ふだんは沖合にいるミツユビカモメが観察されたのを覚えている。最初に油に汚れた鳥が陸に逃げてきて、次に油にまみれて弱ったり死んだりした鳥が漂着する――というパターンは、今回も見られた。

 野鳥の会オホーツク支部によると、昨年12月23日、知布泊漁港で、背中、両翼上面、くちばしに油が付いたエトロフウミスズメが観察されている。

 「ですから、12月23日より前に、何かがおきたのです」と古南さんはいう。

 日本海難防止協会海洋汚染防止研究部の大貫伸・部長代理もだいたい同じころに、原因が発生したと推測する。

 地元の目撃情報から、水鳥の死骸(しがい)が漂着し始めたのは流氷と相前後する時期とみて、当時の海流や風の条件をもとに計算すると、発生現場はサハリン付近になる。

 大貫さんが指摘するのは、沈没船から重油が流出した可能性だ。サハリン西岸では2003年7月、24年前に沈没した日本の貨物船から重油が漏れだした記録があり、「海のしけなどの影響で、古い沈没船でも油の漏出は起こりうる」と話す。

 サハリンの石油採掘での事故、パイプライン破損による流出、タンカーの座礁、オホーツク海沿岸で見つかった漂着ドラム缶……。

 “容疑者”は複数浮かんだが、鳥から採取した油の成分分析の結果、道は大型船舶や工場などで使われる「C重油」と特定。油田開発や、漂着ドラム缶は「油の種類が違う」とほぼ否定された。座礁したタンカーも、船舶検査団体の報告書は「油は流出していない」とし、海上保安庁の巡視船がえい航作業を監視しており、シロ。ほかに油流出が疑われる事故の報告はない。

 海鳥の死骸は雪解けとともに増え続け、道の集計で5300羽を超える。被害にあった海鳥の数では、国内最悪の事態になった。

 油の付いた死骸を食べて死んだ国天然記念物のオオワシもいた。日本野鳥の会オホーツク支部長の川崎康弘さん(31)は「絶滅危惧(きぐ)種のオジロワシが油の付いた死骸をあさっているのも確認した。繁殖能力の低下など、予想される影響ははかりしれない」と、二次被害の広がりを心配する。

 斜里町は原因究明のため、業務用冷蔵庫を借り、鳥の死骸2000羽を冷蔵保存している。

 知床の海鳥大量死をきっかけに、海の油汚染を考える。

(2006年4月25日  読売新聞)

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。