ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

最前線

2011年1月16日 (日)

溶ける釣り糸 気遣う水中

201101116851791n

生分解性素材を使った釣り糸を開発した市川督朗さん=工藤菜穂撮影
 一見するとただの透明な釣り糸だが、素材にはちょっとした“秘密”がある。自然界の微生物によって、水と二酸化炭素に分解される特殊なプラスチックでできている。「水温などの条件にもよるが、大体5年ほどで完全に分解します」。開発を担当した釣り具メーカー「グローブライド」(東京都東久留米市)の市川督朗さん(53)は、胸を張る。

 開発のきっかけは、市川さんら社員が約5年前から、水中に残った釣り糸やオモリの回収に携わるようになったことだ。山梨県・河口湖では1日で軽トラック1台分の釣り糸やオモリなどのゴミが集まった。市川さんは「陸のごみはマナーの問題だが、水中に残されるごみは企業が解決しないといけない」と実感、研究に乗り出した。

201101116852211n

釣り糸は、伸びる素材を使って、強度を確保している=工藤菜穂撮影

 釣り糸に求められる丈夫さを、自然に分解されるもろい素材で実現することは難題だったが、引っ張ると少し伸びる素材を用いることで、ナイロン製の約8割の強度を確保することに成功した。

 昨年7月から、この糸を使った海釣り用の仕掛けの販売を始めると、従来よりも1割程度高いにもかかわらず、各地で売り切れが続出して納品が追いつかないほどの人気商品となった。

201101116852461n

鉛を使わないオモリ。従来のオモリよりも早く水中に沈む=工藤菜穂撮影
また、同社では2002年、毒性の強い鉛に代えて、タングステン製のオモリも開発した。自然界への負荷は少ないが、希少金属で投げ釣り用の試作品の単価は既製品の約10倍。社長は「高すぎて売れない」と言った。

 ところが、社員はその重さから従来製品よりも遠くまで投げられる点に着目。「届かなかったポイントを、あなただけが狙える」との宣伝文句をひねりだし、商品を「トップガン」と名付けて販売すると、意外なヒット商品となった。

 市川さんは「『環境に優しい』だけでは商品は売れない。性能を落とさないことで商品を購入してもらう。そうすれば、生分解素材の意義も広がる」と話す。今後は、コメやトウモロコシなど天然素材由来の糸の開発にも挑戦するという。

水中清掃
 日本釣振興会では07年から、ボランティアダイバーとともに釣り場の水中清掃に取り組んでいる。昨年は全国32か所で実施。延べ542人のダイバーが参加し、計8400キロのごみを回収した。昨年12月に行われた静岡県熱海市の海釣り施設での清掃では、釣り糸約300メートル、オモリ80個などを水中から引き揚げている。
(2011年1月11日  読売新聞)

2010年12月27日 (月)

古着変身まるで「木材」

201012203316381n

製造プラントの前で、ボードを手に工程について語る門倉社長(兵庫県たつの市 大西健次撮影)

 古着の糸をほぐしてシート状に固めたフェルトが、プラントに吸い込まれる。

 約50メートルのライン内部では加熱、圧縮、冷却の工程。反対側から出てきた時には布は固形のボードに変わった。門倉貿易(神戸市中央区)が開発した「リフモ」という新素材だ。厚さは2~30ミリで自由に変えられ、木材やプラスチックの代替品として活用が期待される。

 開発に携わった門倉建造社長(60)は「木材のようにのこぎりで切って、くぎを打てる。曲げても折れないし、化学繊維中心なので腐ることもない」と品質に自信をみせる。

201012203317111n

 同社は長年、買い取った古着を輸出したり、工業機械用の雑巾として加工販売したりしてきた。しかし、輸出が頭打ちの上に、機械を使う国内の製造業も低迷して需要減。古着の新たな利用方法の開発に迫られてきた。

 門倉さんは2001年3月、化繊リサイクル研究者、木村照夫・京都工芸繊維大教授との議論の中で、「木材が繊維でできているなら、古着から木材ができるのではないか」と考えた。

 実験で化繊を熱風で溶かし、直後に圧縮、冷却すれば、固まることを確認。1年半かけてボードの形に仕上げた。プラント開発に時間がかかったが、07年2月に兵庫県たつの市の自社工場に完成した。

201012203318241n

梱包材への活用を狙ったが、木材に比べて約5割コストが高く、まだ普及は進んでいない。だが、環境配慮をPRする衣料品店で陳列棚に採用され、大手スーパーから「ベンチに使いたい」と提案もあり、用途は広がっている。

 腐らない性質を利用し、壁面緑化用の部材としての活用も検討。古着リサイクルのフェルトを表面に張り、植物の生育に成功している。

 国内では現在、衣料品のリサイクル率が低迷しており、門倉さんは「ボードへの再利用で森林伐採も少なくなるはず。様々な活用方法を提案したい」と話している。

衣料品の排出
 中小企業基盤整備機構によると、2009年、不用になった衣料品の総排出量は94.1万トン。うち13.35%は海外に輸出されるなどしてリユースされ、11.30%は工業機械用雑巾、自動車内装用のフェルトなどにリサイクルされている。69.20%は廃棄物となり、ほとんどが焼却処分されている。

(2010年12月20日  読売新聞)

2010年9月29日 (水)

蛍光灯 ガラスを再利用

201009277810461n201009277810281n_2
水銀を除去した後のガラス片

 ワイングラスやコップだけでなく、トロフィーや表札も。工房で作られた数々のガラス製品は、どれも廃棄された蛍光灯が素材だ。

 電気工事現場では、様々な廃棄物が出る。同社では金属やプラスチックなどリサイクル可能なものは分別して専門業者に再生処理を委託してきた。唯一、ごみ扱いしていたのが蛍光灯。内部に水銀を含んでいるのがネックになっていた。

 「蛍光灯の材料はガラスやアルミなどリサイクル可能なものばかり。水銀を除去すれば利用価値は高いと考えたのです」。約10年前に蛍光灯のリサイクルに乗り出した同社取締役工場長の麻生信二さん(34)はそう話す。

 工事現場やオフィス、店舗から同社工場に運び込まれる蛍光灯は、機械でアルミ部分とガラスとに分離される。ガラスは破砕機で砕いた後、別の機械で

攪拌

(

かくはん

)

するが、その際、ガラスに付着していた水銀を含む粒子がとばされる。除去した水銀とアルミは専門のリサイクル会社へ。残ったガラスを工場近くの自社のガラス工房に持ち込む。

201009277811081n

 水銀除去は機械にお任せだが、その前には手間のかかる作業がある。リサイクルガラスの品質を保つため、蛍光灯の汚れは布でふき取る。丸形や電球型の蛍光灯は手作業で分解している。

 約60平方メートルのガラス工房では6人のスタッフが製品づくりにあたる。炉で溶かしたガラスをさおの先端につけ、吹いて膨らませる。チームリー ダーの田口貴将さん(36)は「蛍光灯から作った製品は、よく見ると緑色を帯び、細かな気泡がたくさんある。光が当たる角度によって表情が変わり、味わい 深いんです」と魅力を語る。

 食器や照明器具など実用的なものも多いが、中には愛知万博の開会式に登場した地球儀型のガラスのオルゴールや、オーダーメードで作ったガラスの 「墓石」も。「製品を作り、買い手に喜んでもらうことが環境のためになる。この循環をもっと強くしたい」。田口さんはそう話している。

蛍光灯のリサイクル
経済産業省の統計によ ると、2009年の蛍光灯の国内生産量は計約2億4000万個。使用後のリサイクルは義務づけられておらず、「埋め立て処分かリサイクルかは自治体や民間 会社の判断次第」(環境省)という状況。廃棄・リサイクルの統計はないが、業界では「7~8割が埋め立て処理されているのでは」との指摘もある。
(2010年9月27日  読売新聞)

2010年9月19日 (日)

アイドリングストップ車、増える 低燃費競争が激化

Tky201009170390
マツダの「アクセラ」には、何分アイドリングストップしたかを表示する画面がある。同社によると、都市部を60分走ると20~30分もエンジンが止まることがあるという

Tky201009170391

 信号待ちなどの時に、エンジンを自動的に休止して燃料を節約する「アイドリングストップ」機能のついた車が増えてきた。以前から実用化されていた技術だが、マツダが昨年から積極的に売り出した。顧客の低燃費志向が強くなっており、他の社にも商品化の動きが広がっている。

 「最大で10%ほど燃費が向上します」。マツダは昨年6月、アイドリングストップ機能「i―stop(アイストップ)」を小型車「アクセラ」に初めて搭載し、こんなうたい文句で市場投入した。

 ブレーキを踏んで車が止まるとエンジンも自動休止。ブレーキから足を離したり、ハンドルを切ったりするとエンジンが再始動する。再始動にかかる時間を、従来の半分の0.35秒にしたのが特徴だ。

 休止中はエアコンは送風状態となり、カーナビなどは動く。エンジンが暖まっていない時やバッテリーの充電が不十分な時は止まらなかったり、止まってもすぐに再始動したりする。

 その後もミニバンの「ビアンテ」と「プレマシー」に搭載車を設定。プレマシーでは、アイストップ付きモデルは、燃費が1リットル15キロから16キロに 改善。ついてないモデルに比べると、横滑り防止機能がつくことなどもあって10万円以上高いが、顧客の8割が搭載車を選んでいるという。

 日産自動車は7月発売の新型「マーチ」に搭載モデルを設定した。搭載車は燃費が1リットル24キロから26キロに改善。装備の違いで20万円以上 高いが、顧客の8割が選択しているという。スズキは8月、主力軽の「ワゴンR」に搭載モデルを追加。田村実専務は「今後も、あらゆる車に導入していく」と 話す。

 アイドリングストップ機能は、停止時間が長い路線バスなどで1990年代から導入が広まり、今ではほとんどの路線バスに搭載されている。トヨタ自 動車の「プリウス」などハイブリッド車でも一般的だ。トヨタは01年から今年7月末まで、小型車「ヴィッツ」の一部にも搭載していた。メーカー関係者は 「燃費競争が激しくなり、燃費の『伸びしろ』が小さくなっている中、少しでも改善させられるのは魅力的だ」と語る。

     ◇

 アイドリングストップ機能がない車でも、自分でこまめにエンジンを切れば燃料の節約になる。財団法人省エネルギーセンターによると、排気量2リッ トルの車でエアコンを動かしながら10分間アイドリングすると、燃料を250ccほど使う。再始動にアイドリング5秒分の燃料を余分に使うため、5秒以上 止まるならエンジン停止が有効だ。

 ただ、同時に安全装置なども動かなくなる恐れがあるので注意が必要だ。エアバッグは、ほとんどの車でエンジンキーがオンの位置にないといざという時に作動しない。

 また、最近はエンジンの力でブレーキ力を増やしている車が多く、こうした車でエンジン停止時に何度かブレーキを踏むと利きが悪くなる。停止したま まエアコンなどを使い続けるとバッテリーが上がる恐れもある。自動アイドリングストップ機能では運転状況を監視し、こうした状況になる前にエンジンが再始 動するといった対応が取られているほか、バッテリーや、エンジンを始動するモーターも強化されているのが一般的だ。

 燃料の無駄遣いを減らすための講習会などを開いている日本自動車連盟(JAF)の担当者は「待ち合わせやちょっとした買い物など、安全が確認でき る場所ではこまめにエンジンを止めたほうがいい。ただ、無理に止めると逆に危険を招く可能性もある」と注意を促す。(Asashi.com 西村宏治)

2010年8月25日 (水)

太陽光 反射させ階下へ

201008231512831n

太陽光が差し込むエレベーターホール

 21階建てビルの3階エレベーターホールに立ち、ビル中央部を屋上まで貫く吹き抜け空間を見上げる。高さ約100メートルの最上部に丸い鏡がずらりと並び、太陽光を反射してギラギラと輝いている。今年5月に完成した横浜市西区のオフィスビル「みなとみらいセンタービル」では、吹き抜け空間と鏡を組み合わせて、自然の光を照明に使う仕組みが本格採用されている。

201008231511941n

「太陽光採光システムをより多くのビルに普及させたい」と語る峰村さん(横浜市西区で)=岩波友紀撮影

 「朝から夕方まで太陽をフルに利用します。吹き抜けの周囲にある廊下の照明電力を2割減らす効果があるのです」。建設を手がけた大成建設設計本部シニアアーキテクトの峰村雄一さん(42)が胸を張る。

 ビルが高層になればなるほど、吹き抜けを作っただけでは天窓からの光が下層階に届きにくくなる。そこで同社では、3種類の鏡を使って各フロアに太陽光を行き渡らせるようにした。

 まず、屋上の「1次ミラー」が太陽の動きに合わせて自動的に角度を変えながら日光を集める。その光を反射させ、吹き抜け内へと送り込むのが「2次ミラー」。そして、吹き抜けの壁に下層階まで細長く張られ、各フロアに光を届けるのが「3次ミラー」だ。

201008231512391n

 1次、2次ミラーは直径1メートル20の円盤形で、16台ずつ設置。3次ミラーは表面に細かな突起があるアルミ板で、建物内に柔らかい光を誘導している。

 この採光システムにより、照明電力が節約できるほか、吹き抜けが屋内の熱気を逃がす換気塔の役割を果たし、大型換気設備を設ける必要もなくなる。ほかにも、屋上緑化やガラス窓の遮熱化などの工夫で、ビル全体のCO2排出は同規模のビルより約3割少ない。ビルは環境に優しい建物を認証する横浜市の制度で最高のSランクを取得した。

201008231510731n

1次ミラー(手前)の反射光を、天井に取り付けられた2次ミラーで吹き抜け内に反射させる

 排出3割減は様々な省エネ設備の組み合わせで実現しており、吹き抜け効果が大きいとまでは言えない。しかし、「明るい吹き抜けを見ると人は気持ちが安らぐ。自然光を取り入れることは省エネ効果以上の『効果』がある」と峰村さん。今後も太陽光の可能性を追求していきたいという。

オフィスビルのCO2排出量
 環境省などによると、2008年度にオフィスビルなどが排出したCO2量は2億3500万トンで1990年度比で43%増えた。冷暖房や照明、オフィス機器がビルのエネルギー消費の約70%を占めている。東京都は排出削減のため大規模なオフィスビルなどを対象にした排出量取引制度を今年4月に導入した。
(2010年8月23日  読売新聞)

2010年8月24日 (火)

マグロの危機は去ったのか?

  水産物はいま非常に危機的な状況にあるからである。今年3月、もうマグロが食べられなくなるのではと日本中が心配したことを思い出していただきたい。ワシントン条約の第15回締約国会議(COP15)でモナコが、タイセイヨウクロマグロを国際取引禁止リストに加えるべきだと提議したからである。1970年代に比べて、タイセイヨウクロマグロの資源量は3分の1以下に減っており、このままでは近い将来、全く獲れなくなる懸念があることを受けた提案であった。

 専門家の予想に反して、この提案は日本など漁業国の反対が強く否決された。タイセイヨウクロマグロが大幅減少しているのは事実であり、絶滅させないためには、まずは国際的な取引を停止して厳密な資源管理を行うことは当然と思われたことを考えると、意外な結果であった。日本政府や日本の水産事業関係者が発展途上国に積極的な根回しをした結果、モナコの提案はあっけなく否決されてしまったのである。

 しかし、これは本当に私たちにとって、いや水産事業関係者にとっても良い結果だったのだろうか? どうも簡単にそうは言いきれなさそうである。なぜなら、提案が否決されたのは、資源量に対する解釈がおかしかったからではなく、ましてや、資源量にまだ余裕があるからではないからである。日本も資源量が減少していることは認識していたが、これまでどおりICCAT(大西洋まぐろ類保存国際委員会)という専門機関で資源管理の方法について議論すべきだと主張し、それが認められたのである。一方モナコは、ICCATでは資源管理ができていないので、ワシントン条約で取引を制限すべきだと主張したのだ。

 冷静なメディアはきちんと解説していたが、タイセイヨウクロマグロはマグロ属8種の中の一種で、太平洋産のクロマグロ(本マグロ)と並んで、希少で高級とされる種である。タイセイヨウクロマグロが禁輸になったところで、スーパーで売っているような、私たちがふだん買うマグロがすぐになくなったり、値上がりしたりするわけではない。ふだん私たちが食べるマグロの多くはメバチ、キハダ、ビンナガなどの別種であり、これらはクロマグロ2種に比べれば資源量に余裕があるとされ、価格も安いからだ。

 しかし、もう少し将来のことを考えれば、そう安心もしていられない。クロマグロ2種以外でも、ミナミマグロは既にIUCN(国際自然保護連合)レッドリストのCR(絶滅危惧IA類 : もっとも絶滅が危惧されるランク)、メバチはVU(絶滅危惧II類)に指定されているし、キハダはLC(軽度懸念)、ビンナガはIUCNレッドリストDD(情報不足)となっている。つまり、どの種もけっして安心できる状態ではないのである。

2010年8月23日 (月)

ヘドロ 石炭灰でなくせ

201008027685641n

浸透柱内にぎっしり詰まったHiビーズ。微細な穴が多数ある(広島市中区で)=伊東広路撮影
 広島市の中心部を流れる旧太田川。生活排水が流れ込み、河口から約5キロさかのぼった干潟でも数年前まで、ヘドロが約50センチの厚さで堆積し異臭を放っていた。だが、中国電力(広島市)が5年前から行う環境実験の効果で、最近ではカニやシジミの生息が数多く確認できるようになった。

 実験場の干潟には、あちこちに直径約40センチの円柱状の突起がある。同社が2005年12月に埋め込んだ「浸透柱」だ。ヘドロ層を貫き、50センチ下の砂地まで達する浸透柱は、網状の枠に直径2~3センチの石のような塊をぎっしり詰めた構造。ヘドロの中に空気が届くようにすることで、有機物を分解する微生物を活性化させるのが狙いだ。

201008027685971n

ヘドロが減った干潟で、突き出た「浸透柱」について説明する吉岡さん(広島市中区で)=伊東広路撮影

 中に詰まった塊は、同社が火力発電所から排出される石炭灰を固めた「Hiビーズ」というリサイクル製品だ。表面に微細な穴があり、微生物のすみかになる。ヘドロの分解効果は大きく、厚みが約10センチ減った所も。ヘドロの質も改善し、足を取られて歩けなかった干潟が徐々に砂地のようになってきた。

 実験を担当してきた同社流通事業本部マネジャーの吉岡一郎さん(51)は「浸透柱によって、ヘドロ層が遮断していた上下の水の循環が生まれ、干潟の環境は一変した」と語る。

 09年1月の調査では、カニの巣穴が1平方メートルあたり約1800個に上り、Hiビーズ未使用の場所と比べて7倍に増えたという。

201008027686581n

環境が改善し、カニの生息が数多く確認されるようになった(広島市中区で)=伊東広路撮影

 同社では、5か所ある石炭火力発電所で年間計70万~80万トンの石炭灰が発生する。以前から主にセメント原料に再利用していたが、00年に砂利の代わりの建設資材としてHiビーズを開発。その後、広島県などから水辺の環境改善のアイデアを求められ、浸透柱を開発して提案した。

 国土交通省も効果に注目し、昨年、旧太田川下流の干潟約4000平方メートルでHiビーズの浸透柱を採用。吉岡さんは「高度成長期にヘドロがたまった川や海辺は少なくない。技術を普及させ、水環境を良くしたい」と期待を込める。

石炭灰の再利用
 電気事業連合会によると、全国の火力発電所で排出される石炭灰は年間780万トン(2008年度)。セメントの原料、土地造成材、土砂の代替材などに利用されている。再資源化率は1990年度は39%だったが、2000年度は77%、06年度には97%に達している。

2010年6月17日 (木)

ホタテ殻 チョークに再生

201006147951211n

ホタテの貝殻を炭酸カルシウムに混ぜる(北海道美唄市で)=三浦邦彦撮影

 チョーク製造会社の日本理化学工業(川崎市高津区)は、北海道の水産業者などが捨てていたホタテの貝殻をチョーク作りに生かしている。従来の原料の炭酸カルシウムに貝殻の粉を混ぜることで、書きやすく、筆致も鮮明になったという。環境教育にも使われ、学校で重宝されている。201006147946491n

チョークの形にし、乾燥させて箱詰めする(北海道美唄市で)=三浦邦彦撮影
201006147946221n

 北海道美唄市の同社美唄工場。約30人の従業員が毎日約15万本のチョークを作る。このうち23人は知的障害者だ。使われるホタテの貝殻は年間約270万枚。実用化したのは2005年から。「1年やってダメならあきらめようと思った」と西川一仁工場長(56)は開発当時を振り返る。

 以前は石灰石を砕いた炭酸カルシウムだけを原料にしていた。ホタテを加えたのは、貝殻のリサイクル法を探っていた北海道立総合研究機構(札幌市)から04年に共同研究を持ちかけられたのがきっかけだった。

 ホタテの貝殻も炭酸カルシウムを含むが、製品化するには、貝殻についた海藻などを取り除く必要がある。当初は手作業で行ったが、経費が膨らんだため、バーナーで除去することに。粉砕業者と協力し、数マイクロ・メートル(1マイクロ・メートルは1000分の1ミリ)という小さな粒に砕く手法を開発した。

201006147945991n

ホタテの貝殻を活用したチョークを開発した西川工場長(北海道美唄市で)=三浦邦彦撮影
  配合率も難しかった。貝殻6割、炭酸カルシウム4割で作ってみると、もろくて崩れやすい。凝固剤の量を変え、貝殻を1割に減らすと、黒板に吸い付くようなチョークができた。貝殻の比率を落としたことで、貝殻に含まれる棒状の結晶体が粉のつなぎ役としての効果を発揮したのだ。

 「先生方の評判は『書きやすい』と上々だった」。短くなったチョークを花壇に埋めれば土壌をアルカリ性に改良する効果もある。こうしたリサイクルの流れを環境教育の題材に使う先生も。道から「北海道リサイクルブランド」に選ばれ、PRしやすくなった。

 今年から韓国にも輸出。同機構と共同申請した特許もとった。西川さんは「最近は、リサイクル製品も良さが実感できないと飽きられてしまう。もっと書きやすいチョークを追求したい」と話している。

水産系廃棄物
 国内で2008年に排出された魚の内臓や貝殻などの水産系廃棄物は約313万トン。北海道によると、道内では08年度は約38万トンで、ホタテの貝殻が約5割。10年前は捨てられる貝殻も多かったが、最近は素材が見直されてリサイクル率は99%超に。チョークや土壌改良材などに再利用される。

2010年4月11日 (日)

「生ごみからガス」増産の技

人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村

201003293807031n 

既存のメタン発酵槽と溶解槽を組み合わせ、バイオガスの発生効率を高めることに成功した坪田潤さん(大阪市此花区の大阪ガスで)=守屋由子撮影

 新しいエネルギー資源と期待されながら、なかなか普及しない「生ごみのバイオガス化」。ガスに分解する際の効率の悪さや、ごみ袋を取り除く手間などが原因だったが、これらを解決する新技術を大阪ガス(大阪市中央区)が開発した。

 生ごみを微生物が分解すると、メタンガスが発生する。この工程を「メタン発酵」と呼ぶが、従来の方法だと、肉や野菜繊維などは分解しきれず、生ごみの約3割が残りかすになっていた。微生物は温度を高くすると活動が活発になるが、高すぎると死んでしまう。55度程度が限界とも言われるが、約10年前からメタン発酵の効率向上に取り組む同社エネルギー事業部の坪田潤さん(44)らは「より高温で活動する微生物を探せば、効率が上がるのでは」と考えた。

201003293807471n 

ポリ乳酸を主成分としたごみ袋=守屋由子撮影

 温泉を巡り、高温の源泉近くで生きられる6種類の微生物を探し出した。並行して発酵実験も繰り返していたが、これまで利用していた50~100種類程度の微生物の中に、温泉で探した6種類が実は含まれていると分かったのは2005年。これらを抽出し、溶解槽の温度を80度に上げると、生ごみは1日でドロドロに溶け、発酵槽に入れると、バイオガス発生量が約2割増え、残りかすは半分に減った。

 残る課題は、生ごみを入れるごみ袋。石油製品の袋は分解されず、機械の故障の原因になるほか、発酵後の残りかすを堆肥にする際にも邪魔になる。素材が植物由来の袋もあるが、微生物が分解するのに時間がかかった。

201003293807791n 

メタン発酵で発生するバイオガス(大阪市此花区の大阪ガスで)=守屋由子撮影

 坪田さんたちが目をつけたのは、トウモロコシなどを原料とする「ポリ乳酸」の袋。高温の溶解槽でアンモニアと反応させると、24時間で完全に液状化した。これなら、袋もメタン発酵の材料になり、バイオガス発生量を1割程度増やす効果が期待できるという。

 すでに実用化のメドは立った。同社は今後、ごみ焼却施設の更新を迎える自治体に、開発した溶解槽とごみ袋を売り込む。坪田さんは「生ごみの多くは焼却処分されるが、すべてバイオガスにすれば、日本の都市ガスの数%分になる。新技術で生ごみ有効活用を後押ししたい」と話している。

生ごみのバイオガス化
 環境省によると、一般家庭から出される生ごみは年間約1000万トンと推定される。2006年度の調査では、生ごみのバイオガス化施設は全国に8か所あり、合計処理量は約5万2000トン。同省は、08年1月に施設整備マニュアルを作るなどして、自治体に施設導入を呼びかけている。

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。