ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

水危機 番外編

2008年6月22日 (日)

(5)バケツが示す 使用量の差

調査の第一歩は流量計の取りつけ。日本の名本裕さん宅(上)と、中国の王さん宅(下)で、記者は慣れない作業を行った

 どうしたら、暮らしの中で使われる水の量を把握し、目に見える形で示せるのだろう。悩んだ末、「流量計」により水使用量をつかみ、日、米、中、ケニアの各調査家庭で、1人が1日に使った量の水を入れたバケツを並べて写真撮影することになった。

 水道がないケニア以外で活躍した流量計。中国山西省大同市の小学校教諭、王玉芬さん(38)宅の台所では、その取りつけに奮闘した。蛇口は口径が2センチ。流量計の取りつけ口の口径は1センチで、水が漏れてしまった。「こんな小さい器具で測れるの?」と王さんがのぞき込んだ。思案の末、ビニールテープでぐるぐる巻きにした。

 蛇口に取りつけると、ミリ・リットル単位で表示される。お茶の水女子大の大瀧雅寛准教授が4年前、精密機器メーカーの協力を得て開発した。東大の荒巻俊也准教授とともに、水利用が伸びるタイで、効果的な節水方法をつかむため、生活用水の用途別調査を行った。その時の流量計30個を、貸してもらった。

 しかし、蛇口のない水洗トイレやシャワーには、使えない。その場合はまず水道メーターの変化から1回分の使用量を読み取り、家族にトイレやシャワーの使用回数を記録してもらって、水使用量を算出した。職場や学校、外出先でのトイレやシャワー、水やジュース、ビールなど飲み物も漏らさず、算入した。

 水道メーターの読み取りも容易ではなかった。メーターは、日本の家庭ではガレージの端、米国の家では地下室にあった。地下室のメーターは、懐中電灯を手に身をよじって数値を読み取るしかなかった。

 対照的に、王さん宅の水道メーターは洗面所の隅の床にあった。料金は前払い制。王さんがマンションの管理会社で料金を支払ってチャージしてもらったカードをメーターに差し込むと、ピピッと電子音が鳴り、使える水量がデジタル表示された。王さん一家が節水に熱心な背景には、水道の使用量や料金が見えやすいという事情もありそうだ。

 そのほかに準備したのは、10リットル入りの水色のバケツ計100個。日本で購入し、運んで行ったり、調査先に国際宅配サービスで送ったりした。日本、米国、中国、ケニアの調査家庭の家の前に並んだのは、それぞれ、28、23、5、2個。違いがくっきり出た。

 「こうでもしなければ、たくさん使っていることに気づかなかったわ」

 米国ミシガン州デトロイト郊外の小学校教諭、シェリル・コプリーさん(35)は、雪がうっすら積もる自宅の庭に並んだ23個のバケツを前に言った。夫のジェイソンさん(36)は、一足早く調査を行ったケニアの「2個」の写真を見て、「たったこれだけ?」と驚き、後ろめたそうに「気分は最悪」とつぶやいた。

 お酢の醸造会社による「ミツカン水の文化センター」が昨年、3大都市圏の住民を対象に行った意識調査によると、回答者の4割以上が生活の中の様々な場面で水のありがたさを感じているとしたが、半数は使っている水道水の水源も知らない。

 利用できる水の偏在が気候変動によってさらに激しくなり、日本でも水が潤沢ではなくなる……。水を使うたびに、調査・取材メンバーの頭には、バケツが思い浮かぶようになった。(環境ルネサンス取材班)

(2008年2月2日  読売新聞)

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年6月21日 (土)

(4)毎日5往復 妻の力仕事

水を運ぶミナヨさん(左)と子どもたち。特に登りの道はきつい(昨年11月15日、ケニア西部のゴトカビンディ村で)=板山康成撮影

 野菜、果物、水……。アフリカの女性は何でも頭に乗せて運ぶ。水の入ったポリタンクにはふたがないが、一滴もこぼさない。「背筋を伸ばし、腰でバランスをとるのよ」。女性たちがそう教えてくれた。

 「女性国会議員も増えてきたことだし、男も水くみをしなくてはならない法律ができないかしら」。ケニア西部ゴトカビンディ村の主婦ミナヨ・アンブラさん(46)が、夫の小学校教諭ハンフリーズさん(53)に話しかけた。「そりゃ困る。水くみは女性と子どもの仕事と決まってるんだ」。ハンフリーズさんは相手にしない。

 男たちは他部族の襲撃に常に備えていなくてはならないから水くみなどしていられない。アフリカではそんな伝統が今も残る。しかし、水道の普及していないアフリカで、毎日欠かせない水くみは、重労働だ。

 11人が暮らすアンブラ家は、約500メートル離れた山のわき水から、1日223リットルの水を使う。都民1人が1日に使う241リットルより少ない。

 ミナヨさんは、子どもたちと毎日5往復する。ミナヨさんが運ぶ20リットルの水の入ったタンクを持ってみた。「よいしょっ」と思わず声が出た。ずっしりと重い。わき水は谷底にあるため、ぬかるんだ道を登り、戻らなくてはならない。

 ミナヨさんは時間がなかったり、疲れていたりすると、近所の女性に100シリング(約150円)で200リットルの水くみを頼む。10リットルバケツに換算すると7・5円。日本の調査家庭が払う水道料金は10リットル当たり1・43円、米国の家庭は同1・14円、中国では0・24円だった。調査に協力してくれた四つの家庭の中で、最も高い水道料金になった。


 アンブラ家では、調理も重労働だ。煙が立ちこめる台所で、三角形に並べた石の上に鍋を置き、まきを燃やして、肉と青野菜をいためる。同時に、トウモロコシの粉2キロ・グラムに、3・5リットルの湯を加えて一生懸命にこねる。額に汗をにじませ、30分間続けると、主食のウガリになった。

 「力仕事ばっかりだけど、家族のために毎日やっていることだから。苦痛だとは思わない」。ミナヨさんが豪快に笑った。母は、どこの国でもたくましい。

 電気も水道もないアンブラ家。外食をする余裕もない。食事も、いつも同じようなメニュー。だが、みんな明るく幸せそうだ。子どもらも素直で、母を助け、弟、妹の面倒をよく見る。

 アンブラ家から車で30分、山を下ると、アフリカ最大のビクトリア湖がある。名物のティラピアのから揚げを出す食堂が湖畔にずらりと並ぶ。湖にトラックを乗り入れ、運転手たちは洗車を頼んで食事をする。

 だが湖は変わった。かつて水は透明だったが、アオコが大量発生して青緑色になり、岸辺も数メートル後退した。2006年に起きた大干ばつでは、水位が1・5メートルも下がった。周辺地域の人口増加で取水量が増え、水は減り続けている。

 変化は、アンブラ家の農作物にも起きていた。約50アールの畑のトウモロコシやキビの成長が悪くなっている。畑の水は、雨だけに頼っているが、雨期の始まりが遅くなってきたという。

 「雨が降らないと食べていけなくなる。わき水が枯れたらどうしよう」とハンフリーズさん。今や、他部族ではなく、気候変動の襲撃が心配の種なのだ。(森太

(2008年2月1日  読売新聞)

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年6月20日 (金)

(3)豊かさ優先 消費大国

「グリーンピース、おかわり」とねだる長男のジャック君(右手前)。夕食で残った鶏肉は、ジェイソンさん(右奥)の翌日の弁当になる(昨年11月29日)=小西太郎撮影

 冷凍グリーンピースの袋を逆さまにして、がさがさと中身を皿に出す。目分量で4人分。水大さじ2杯を振りかけ、電子レンジへ。米ミシガン州デトロイト郊外、コプリー家で夕食の支度をしている間に唯一、台所の蛇口の栓をひねったのを見た瞬間だった。

 夕食作りは、いつも夫の会社員、ジェイソンさん(36)の役目だ。調査に訪れた昨年11月、勤務先の人材派遣会社から午後6時に帰宅すると、さっそく台所に立った。外は氷点下。ちらちら舞う粉雪が窓越しに見える。

 献立は鶏肉のソテー、チーズをからめたパスタ、つけ合わせのグリーンピース。飲み物は自家製レモネード。「アメリカの家庭としては手の込んだ料理よ」。夫を手伝いながら、小学校教諭の妻、シェリルさん(35)が教えてくれた。

 外食も多い。夕食だけで週2、3回はレストランに行く。調査を行った週も、水曜は近所の店でピザを食べ、土曜の晩はジェイソンさんの会社主催のパーティーに出かけた。全米レストラン協会によると、2004年の米国人の食費の半分は外食。平均的な家庭では1人あたり年974ドル(約10万円)が外食代に消える。

 コプリー家が炊事・飲用に使った水は、外出先で飲んだ水やコーヒーなども含め、1週間で134リットル。日本の調査家庭で炊事・飲用に使った分の5%だった。

 逆に、多かったのはシャワー(59%)。2階浴室の「マルチヘッド・シャワー」を見せてもらった。シャワーヘッドが縦に四つ並び、それぞれから湯が噴き出す。

 「シャワーを何とかすれば節水できるわね」と言う妻に、ジェイソンさんは「強い水圧の良さを知ったら、もう戻れない。僕はシャワーヘッドを三つ以上開いて使うけど、一つ閉めれば浴びる時間は倍になる」とむきになって反論した。


 シェリルさんの勤務先、私立デトロイト・カントリーデイ校を訪れた時のこと。セルフサービスの食堂で昼食を食べ、食後の片づけをしようとして、戸惑った。ゴミ箱が一つしかないのだ。「アルミ缶やプラスチックのフォークも一緒に捨てていいのか」と隣にいた理科教師に尋ねると、「もちろん」と言う。ゴミ箱に向けてトレーを傾ける瞬間、後ろめたい気分になった。日本では、30種類以上の分別を住民が行う自治体もあると説明すると、先生たちは目を丸くした。

 あちこちでモノがあふれ、大量に消費される米国。それは水資源にも通じる。

 カリフォルニア州南部の乾燥地帯、パームスプリングス周辺の上空を飛んだ。逆光になった瞬間、無数の光が眼下の住宅街でキラキラと輝いた。家々の庭のプールの水面だ。空から眺めると、はるか地平線まで続く砂漠の中にきらめくプール群が、異様に思えた。

 コプリー家は、春から秋にかけて2日に1度、スプリンクラーで庭の芝生に水やりをする。水使用量は冬場の2倍以上にはね上がるが、「みずみずしい緑に保つのが大事なんだ」とジェイソンさんは力を込める。

 「世界一の豊かさを享受しているアメリカ人に、日々の暮らしを変える気はないのです」。米国8州とカナダにまたがる五大湖の水質を研究するリンダ・シュバイツァー・オークランド大准教授(環境化学)は、そう言って、ため息をついた。(高倉正樹)

(2008年1月31日  読売新聞)

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年6月19日 (木)

(2)浪費の都市 我慢の農村

中国の都市部で、洗車場が急増している。通遼市では、家庭用に比べ4倍も高い水を車に吹き付けていた(昨年12月10日)=野本裕人撮影

 シャワーはたらいの中で浴び、たまった水をトイレに流す。野菜を洗った水は観葉植物に注ぐ。

 「まだ使える水を捨てるのはもったいない」。中国山西省大同市の小学校教諭、王玉芬さん(38)が日ごろの節水方法を説明した。小さな積み重ねで、家での1か月の水使用量は約3トン。日本の調査家庭の3日分でしかない。

 同市の水道水源は地下水だが、毎年水位が2~3メートル下がり、枯渇が心配される。

 いかに大切に水を使っているか、王さんから話を聞いていると、普段は温厚な夫の趙広さん(39)が突然、語気を強めた。「洗車をしているのを見ると、水がもったいなくて腹が立つ」

 一瞬、車を持たないひがみに聞こえた。だが、趙さんの真剣な表情に、本当に「もったいない」と思っているのだと感じた。

 やはり渇水に悩む内モンゴル自治区東部の通遼市で、洗車場が目にとまり、趙さんを思い出した。3台を同時に洗える大きな洗車場に車が入ってくると、従業員が手際よく水を噴射させていく。1回10元(約148円)。1食分の価格といったところだ。


 店によると、水1トンで車15台を洗う。水は商業用水で、店が払う料金は家庭用水道水の4倍もする。洗車する台数は、冬は1日約20台だが、夏になると40~50台になる。従業員は「高級車がよく来るよ。政府関係の車も多いね」と話した。

 ある旅行会社の男性経営者(40)は週1回、米国製の愛車を行きつけの洗車場で洗車する。「中国の北部はほこりっぽいし、料金も高くないからね。週に2回の人もいるよ」と、当然という口調だった。

 洗車場は、車の普及につれ、都市部で急増している。北京では至るところに「洗車」の看板が出ていた。経済発展に伴う水消費増加の一つの象徴といえる。

 都市部で水消費が増える一方で、農村部は水不足が深刻だった。

 北京の水がめ、密雲ダム沿いにある上庄村は、約500戸の貧しい山村だ。かつてはダム湖が村のすぐ近くまで迫っていたが、周辺地域の開発などで貯水量が3分の1に減少。以前はダムだった湖底には乾いた地面が広がっていた。農家の女性(51)は「畑にやる水は、お天道様しだい。雨が降らなければ、どうしようもない」と顔を曇らせた。

 村の高台に井戸水をくみ上げ、村に配水する給水塔があった。「十数年前に政府が作った。3日に1回しか使えないけどね」。散歩をしていた男性(81)が教えてくれた。山間部で地下水位は深さ80メートルもあり、水量も少ないため、付近の三つの村が1日ごと順番に使うのだという。

 大同市の南東郊外にある小王村も水が不足していた。乾燥地帯で、井戸を掘れる範囲に地下水はない。近くのため池から取った水を浄化して配水している。

 日照りが続いた昨夏、張玉枝さん(44)宅の水道は出なくなり、馬車で水が出る家まで水をもらいに行った。張さんは「水がない時は洗濯もできない。普段から水を使わないようにしています」と話した。

 中国では、農村部の3億2000万人が安全な飲み水を確保できないでいる。都市と農村、貧富の格差が激しい中国。水をめぐる現状は、その過酷な格差を体現している。(鈴木隆弘)

(2008年1月30日  読売新聞)

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年6月14日 (土)

(1)便利の陰 30年で消費2倍

お風呂で九九の勉強をする名本さん親子(昨年12月22日、東京・目黒区で)=吉岡毅撮影

 「ずっと見ないでくださいよ。緊張します」。東京都目黒区の主婦、名本千枝さん(36)は照れくさそうだ。調査の一環で、昨年12月中旬、夕食の支度を見せてもらった。浄水器の水を流し、里芋は一つ一つ、白菜は一枚一枚丁寧に汚れを落としていた。包丁やまな板は、食材を切るたびに洗った。「家族の口に入るものだから、きれいにしないと心配」と千枝さんは言う。

 マグロの刺し身、里芋とコンニャクの煮物、白菜のお浸しなど5品。1人ずつ盛りつけた食器で、食卓がいっぱいになった。

 夫の小学校教諭、裕(ゆたか)さん(44)と長女の真悠子さん(8)がお風呂に入る。「にいちがに、ににんがし……」。防水プラスチックの九九表を大声で読み上げる真悠子さん。2人で湯船につかると、湯がどっとあふれる。浴槽は全自動で水温や水位が維持される仕組みで、あふれた分だけ浴槽の底から湯がわいてくる。

 名本さん一家の用途別水使用量は炊事・飲用が35%で最多。風呂・シャワー(32%)、洗濯(14%)、トイレ(11%)が続いた=グラフ(上)=。食事は品数が多く、食器も多い。風呂好きのきれい好き。水使用量が他の国の調査家庭より多かったのは、日本人独特の生活スタイルを反映している。


 都水道局は、一般家庭の利用量を給水人口で割った「1人1日あたりの平均生活用水量」を1966年度から毎年出している=グラフ(下)=。1人が1日で使う水量は、66年度に120リットルだったのが、94年度には248リットルと倍増。その後横ばいが続き、2001年度から再び下がり始めている。また、同局が83年度以降、約100世帯を対象に行っている実測調査によると、83~94年度に1人1日あたりで風呂が21リットル、トイレが10リットル増加した。

 共同調査メンバーの大瀧雅寛・お茶の水女子大准教授によると、90年代後半までに、上水道の整備が一段落し、水洗トイレや洗濯機などがほぼ全世帯に行き渡った。「この時点で人々は満足し、水の使用量は頭打ちになった」とみる。

 便利になるとともに家での水使用が増えた日本。しかし、つい40~50年前までの生活は、大きく違った。

 「私が結婚した時は、洗濯機が嫁入り道具でした」。千枝さんの母、三浦弘子さん(69)は言う。「手回し式の脱水機付きで、大変だったので、今ほど頻繁には洗いませんでした」


 千枝さんは71年、福島県常葉(ときわ)町(現・田村市)生まれ。73年に水道が引かれ、生家は水洗トイレを導入した。小学6年だった83年にボイラー式の風呂釜が入り、シャワーも付いた。それまでは、風呂おけの下でまきを燃やす「五右衛門風呂」。千枝さんは「小さくて身を縮めて入った。お湯がもったいないし寒いから、洗髪は2、3日に1回でした」と懐かしむ。

 新聞記事を見て、「何にそんなに水を使っているの」と知り合いから電話が相次いだ。「憂うつな気分になった」と千枝さん。だが、名本家の水使用量は、都民の平均にほぼ等しい。

 「今後授業で、水の大切さを子供らに伝えていきたい。僕も、歯磨きの時に水を流しっぱなしにしないようにします」。裕さんは、頭をかいた。(岡安大地)

(2008年1月29日  読売新聞)
 タカエコの長男・次男は、暑くなるこの時期には、必ず朝シャワーを浴びる、浴びることは否定しませんが、シャワーの使い方には注意しました。出しっぱなし厳禁、これだけで40%以上の節水になるのです。

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。