ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

ガラパゴス ~「楽園」光と影~_

2008年5月15日 (木)

ゾウガメ殺しの島に根付く環境教育

 ガラパゴスで最も面積が大きいイサベラ島。ここで、ショッキングな話を聞いた。

Tky200705280152

子ガメの体重を量り、成長の様子を記録する「ゾウガメ友の会」の子どもたち=ガラパゴス諸島イサベラ島で、恒成利幸撮影

 ダーウィン研究所や国立公園局が懸命に保護を進めている野生のゾウガメが、違法に捕獲され、いまも食用になっているというのだ。

 同研究所によると、犠牲になったゾウガメの数は、判明しただけで03年に38頭、04年に40頭にのぼる。

 イサベラ島の山間部では、昨年も、なたで切り裂かれ、空っぽになったゾウガメの甲羅が見つかった。いずれも島内に住む人のしわざらしい。地元には今も「ゾウガメを食べると精力がつく」と信じる人々がいる。

 こうした状況を変えようと、ダーウィン研究所は00年、8~17歳の子どもを対象にした「ゾウガメ友の会」をイサベラ島につくり、環境教育に取り組んでいる。

 メンバーの子どもは現在47人で、年々増えている。国立公園局が増殖している子ガメについて、各自が1頭ずつ「親代わり」を務める。子ガメには自分の気に入った名前をつけ、定期的に甲羅の長さや体重を測定し、成長を見守る。

 「子ガメはおとなしくて、とてもかわいい。5歳になるまで育てれば、ほかの動物に襲われる心配はありません」と、会員の女の子ガブリエラ・カブレーラさん(13)は言う。バルビと名付け、5年間担当した子ガメは、昨年10月に無事、自然の中へと戻された。

 会員の子どもたちは、海賊による乱獲や外来動物による圧迫など、ゾウガメ受難の歴史をストーリーにした演劇にも取り組み、地域住民らの啓発にも一役買っている。

 ガラパゴスの自然の貴重さは、世界的には有名でも、住民にはまだまだ十分に理解されていない。ゾウガメ殺しが続くのも、そのせいだ。

 友の会の運営を担当するダーウィン研究所イサベラ支部のマルタ・ベリスさん(38)は訴える。

 「国立公園局が監視を強化しても、24時間すべての場所を見回るのは無理でしょう。それより、住民の意識を変えることの方が大切です。島の自然こそが、私たちの本当の宝物。そのことを、次の世代に伝えたい」=おわり(山本智之)

Asashi.com

ダーウィン研究所 

http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10083/island/darwinlab.html

NPO法人 日本ガラパゴスの会

http://www.j-galapagos.org/

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年5月14日 (水)

進化の実験室 今なお研究の最前線

Galap14 

220pxdarwins_finches

 サンタクルス島の港町プエルトアヨラ。昼下がりの食堂に、スズメのような鳥が舞い込んできた。テーブルの周りのおこぼれが狙いらしい。

 ダーウィンフィンチと呼ばれ、くちばしの形や習性などが異なる14種が分布する。たった1種の祖先が、異なるエサや環境に合った体のつくりをもつ多数の種へと進化する「適応放散」の好例とされる。

 主に昆虫を食べるムシクイフィンチは細く鋭いくちばし、大きくて堅い植物の実をつぶして食べるオオガラパゴスフィンチは、ペンチのような分厚いくちばしに進化した。ドラキュラのように、ほかの鳥の血を吸う変わり者もいる。

 では、フィンチの祖先はどんな鳥で、いつガラパゴスに渡ったのか。

 佐藤秋絵・鶴見大准教授(49)は、欧米の研究者と共同で、南米各地に生息する野鳥30種とフィンチをDNA解析の手法で比較した。その結果、ペルーやエクアドルなどにいるクビワスズメの仲間が、共通の祖先を持つことがわかった。

 分析によれば、フィンチの祖先がガラパゴスに渡ったのは、今から約240万年前になる。

 また、分類上は6種とされている地上性フィンチ類は、DNA分析では目立った差がなく、種の分化が不完全と分かった。これは、新しい種が形成される、いわば進化の途中であることを示しているという。

 ダーウィン研究所のアラン・タイ博士(53)は「ガラパゴスは、科学史に名を残した過去の島々ではない。遺伝子レベルの研究手法が進展したことで、研究者にとってますます面白い場所になった」と話す。

 ダーウィン研はいま、ガラパゴスに固有な動植物を対象に、遺伝子レベルで起源などに迫るプロジェクトを、複数の研究機関と進めている。野鳥のマネシツグミはスイスや米国とのプロジェクト。植物のスカレシアはデンマーク、ウチワサボテンはベルギーと共同研究――といった具合だ。

 再来年はダーウィン生誕200年、「種の起源」出版から150年になる。かつてダーウィンが足跡を残した「進化論の島」は、今も研究の最前線だ。

Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年5月13日 (火)

固有生物 海の中でも独自に進化

 ナイフのようにとがった奇岩が目を引く無人の島、バルトロメ島にやって来た。

13 海中で小魚の群れを追うガラパゴスペンギン=ガラパゴス諸島バルトロメ島で、恒成利幸撮影

 水中メガネとシュノーケルをつけて海中へ。赤道直下なのに、海水はひんやり冷たい。

 海面を泳いで奇岩の裏側へ回り込むと、岸辺の黒い溶岩の上に、ペンギンが見えた。背の高さは40センチ弱。世界でここにしかいない固有種「ガラパゴスペンギン」だ。

 波打ち際に立ちつくしたまま、天を仰いでウー、ウーと2回、もの悲しい声で鳴いた。

 サンタクルス島の沖合では、空気タンクを背負って潜水した。水深20メートルの砂地で、大きな目をしたホウボウ類の海水魚に出会った。全長約30センチ。ヒレを足のように使って海底を歩く。こちらも固有種だ。

 ガラパゴスの固有生物は、陸だけでなく海の中にもかなりいる。

 海藻類の39%、130種は、ここでしか見られない。サンゴ類は45%、海綿は56%が固有のものだ。

 ダーウィン研究所のアレックス・ハーン博士(32)は「大陸から遠く離れたこの島では、定着した生物が、海の中でも独自に進化した。世界の海はつながっていて、どこも同じ種類の生物がいると思われがちだが、それは違う」と説明する。

 ガラパゴスの海には、南から冷たいペルー海流、北から暖かいパナマ海流、西から深海のクロムウェル海流が入り込む。海中の環境は変化に富み、南方系と北方系の生物が共存している。

 ガラパゴスペンギンは、寒冷な地域にいた祖先が、ペルー海流に乗って来たと考えられている。現在は、70年代に比べると半分以下で、千羽前後しかいないとの試算もあり、絶滅が心配されている。高い海水温でエサの魚が減る大型のエルニーニョ現象が、82~83年、97~98年と続いたのが主な原因だ。

 地球温暖化が今後、エルニーニョ現象の発生にどう影響するかは研究途上だが、世界自然保護基金(WWF)は最近まとめた報告書で「気候変動によって将来エルニーニョ現象が強く現れるようになれば、ガラパゴスペンギンの減少に拍車がかかり、絶滅の危機が高まる」と指摘している。

Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年5月12日 (月)

在来植物に迫る脅威

 キクの仲間なのに姿は樹木――。そんな一風変わった植物の森が、サンタクルス島の高地にある。スカレシアというキク科の固有植物。かつてダーウィンも複数の種類を採取している。

Tky200705230355 高く伸びたスカレシアを見上げると、木々の間から青空が透けて見えた=ガラパゴス諸島サンタクルス島で、佐藤慈子撮影

 森の中は、高地特有のひんやり湿った空気に満ちていた。見上げると、葉と葉が重なり合って、まるで緑色のステンドグラスのようだ。

 日本でキク科の植物といえば、草しか思い浮かばない。だが、この島の高地に生える種類は高さ10メートルにもなる。幹の直径は20センチ前後。どう見ても立派な木だ。葉は樹冠に集中し、どこかブロッコリーに似ている。

 スカレシアが、これほど立派な森を作れたのは、ガラパゴスが過去に大陸とつながったことがない「海洋島」だからだ。偶然に海を越えた、限られた種類の動植物が生態系をつくった。大陸から競争力の強い樹木が入り込んでおらず、生態系内に“空席”があったため、スカレシアは繁栄することができた。

 美しいスカレシアの森はかつて、牧場の開墾などで伐採された。そして今、外来植物の拡大が新たな脅威となっている。

 バラのような鋭いトゲを持つブラックベリー、大きな葉をつけるアカキナノキなどの外来種が島内で広がり、スカレシアやミコニアなどの在来種を圧迫している。

 アカキナノキは46年にサンタクルス島に持ち込まれた。ダーウィン研究所のアラン・タイ博士(53)は「キナノキ類からは、マラリア治療薬の原料がとれる。しかし、試しに島に植えてみたものの、まともに利用されることもなく放置されてしまった」と話す。

 同研究所のレイチェル・アトキンソン博士(32)と、アカキナノキが侵入した山へ登った。

 アカキナノキは、光沢のある大きな葉が特徴。高さ2メートル前後の若木が、山の斜面のあちこちに生えていた。人の手で樹皮をはぎ、そこに農薬を塗って駆除を進めている。しかし、駆除が必要な面積のうち、終わったのはまだ数%にすぎない。

 「私の計算では、駆除を終えるのに800万ドルかかる。でも、予算のめどは立っていません」

 レイチェルさんは、ため息をついた。 Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q

2008年5月11日 (日)

観光客増え、ごみの山

 巨大なゾウガメやウミイグアナがすむ“秘境の島々”――。ガラパゴス諸島を、そんなふうに思い描いてきた観光客は、サンタクルス島に足を踏み入れたとたん、度肝を抜かれる。

Tky200705280318 港に面したレストラン。停泊中の観光船の間をぬって走る水上タクシーが、観光客を運んでくる=ガラパゴス諸島サンタクルス島で、佐藤慈子撮影

 真っ黒なアスファルトで舗装された幅10メートル近い道路が、広大な林を分断するように一直線に延びている。そこを、時速100キロ近い猛スピードで、タクシーがビュンビュン通り過ぎてゆく。

 島の中心地プエルトアヨラ。以前は1台もなかったタクシーが約100台に増え、インターネットカフェも10軒ほど出現した。

 船乗りとして35年間、島で暮らすセサル・ミテさん(56)は「世界遺産になって島はすっかり変わった。観光クルーズ船は以前の4倍。大勢の人が押し寄せれば、それだけ環境への負荷も増える」と心配する。

 空港には毎日、複数のジェット機が発着し、年間12万人を超す観光客を運び込む。ガラパゴスの人口も、大陸からの移民や自然増で2万7千人余りと、90年の倍以上に急増。人口が集中するサンタクルス島では、ごみ問題や水質汚染が深刻だ。

 下水道の整備が進んでおらず、垂れ流された生活排水が地下水を汚染。日本の国際協力機構(JICA)の現地事務所は、水道水から基準を超える大腸菌を検出した。

 昨年4月、ごみ問題の改善に向け、ガラス瓶などのリサイクル施設が本格稼働を始めた。しかし、サンタクルス市の環境コンサルタント、ウルフ・ハーターさん(38)は「分別すべきごみのうち、リサイクルできているのは3割止まり。市は今も、ごみの野焼きを続けている」と打ち明けた。

 その現場は、観光客を乗せたタクシーが行き交う縦断道路から脇道へそれ、車で2分ほど行った林の中にあった。

 幅20メートル、奥行き100メートル。段ボールや野菜くず、魚の骨、空き缶、電球がごちゃ混ぜに燃やされ、煙が異臭を放つ。

 周辺は、聖なる木と呼ばれるパロサントの緑があふれ、固有種の鳥ダーウィンフィンチが飛び交う。ごみの山は、いかにも不似合いな光景。しかし、これもまたガラパゴスが直面する現実だ。

Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年5月10日 (土)

監視役かねるガイド―ガラパゴス

 恐竜を思わせる、いかめしい顔つきのウミイグアナが数百匹。黒い溶岩の大地に腹ばいになり、赤道直下の強烈な日差しを浴びていた。

Tky200705230346 観光客は決められた観察路を歩いて動物を見る。手前の鳥はグンカンドリ=ガラパゴス諸島ノースセイモア島で、佐藤慈子撮影

 ガラパゴス西部の無人島フェルナンディナ島。自然ガイドが同行しないと立ち入れない地域の一つだ。ガラパゴスは陸地の97%が国立公園で、無人島に上陸する際のルールは厳しい。

 1人のガイドが連れて行ける観光客は最大16人。火災を防ぐため、喫煙は禁止されている。動物に手を触れるのはもちろん、フラッシュ撮影もだめだ。

 観光客は、幅1メートル前後のトレイル(観察路)を歩く。観察路の両脇には所々、境界を示す木の杭(くい)が打ち込んである。

 「この杭から内側に戻ってください!」

 道からはみ出た観光客の男性が、ガイドに注意され、呼び戻された。自然ガイドによる観光客の監視は、徹底していた。

 自然ガイドはまた、ツアー客の好奇心に、徹底的に応えてくれる存在でもある。特別な講習を受け、試験にパスした人たちだ。

 ガイド歴15年のアレックス・アレギーさん(37)は、大学で生物学を専攻。ガラパゴスの歴史から地質、昆虫や鳥の生態まで、ツアー客からのどんな質問にも即座に答える。ノースセイモア島では、グンカンドリのオスの赤い風船のような皮膚を指さし、「濃い赤色は健康の証し。体調が悪いと、くすんだ色になる」と教えてくれた。

 ガラパゴスで本格的な観光ツアーが始まったのは69年。かつては、ゾウガメにまたがって記念写真を撮るような行儀の悪い観光客もいたという。

 国立公園局は70年代前半から観光ルールの検討・整備に取り組んだ。その結果、現在は、自然を守りながら持続的な観光を行う「エコツアー」の先進地として、世界的に高い評価を得ている。

 ただ、課題もある。労働問題に詳しい国立ガラパゴス庁のアブドン・グレーロ移民局長(59)は訴える。

 「ガラパゴスの観光収入の8割は、エクアドル本土など島外の業者に吸い取られている。島の住民がもっと観光業に参入できるよう、新しい仕組み作りが必要だ」

Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年5月 9日 (金)

王国復活へ人工増殖

緑の茂みの奥に、黒光りする「巨大なヘルメット」が見えた

Tky200705230336 森の中にたたずむ野生のゾウガメ。人の気配を感じたのか、ゆっくりと振り返った=ガラパゴス諸島サンタクルス島で、佐藤慈子撮影

 ガラパゴス諸島のサンタクルス島。島南部の港から車で40分ほど行った森の中で、野生のガラパゴスゾウガメに出会った。甲羅の長さ1メートル超、体重約200キロ。ガイドに案内されて近づくと、フーッと深いため息のような音を響かせた。

 ガラパゴス諸島は1535年、船で流れ着いたスペイン人司教が発見した。その後、島々は海賊の隠れ家となり、捕鯨船の寄港地にもなった。上陸した人々は、大量のゾウガメを殺して食べた。

Osk200705230059

 ゾウガメの激減に拍車をかけたのは、人とともに入った外来動物だ。野生化したヤギはゾウガメのエサとなる植物を食べ、ネズミは生まれたばかりの子ガメを襲った。

 現在の生息数は、推定で2万頭前後。国際NGOが運営するダーウィン研究所のブライアン・ミルステッド博士(50)は「島が発見された当時は、少なくとも20万頭以上はいたはず」と話す。

 ゾウガメの甲羅は、馬の鞍(くら)に似た形や丸いドーム形など、生息する島やエリアごとに違う形に分化し、ダーウィンの進化論のヒントにもなった。現存するのは11種類。しかし、すでに絶滅した種類もある。

 かつての「ゾウガメ王国」を復活させようと、研究所と国立公園局はいま、人工増殖に力を入れている。増殖施設を訪ねると、保温装置の中で卵の殻が割れ、子ガメが生まれ出ようとしていた。

 これまでに約4000頭の子ガメが、六つの島に放された。90年代半ばからは、子ガメを放す前に、鉛筆の芯の先ほどのマイクロチップを皮膚の下に入れている。こうして放した子ガメは約1700頭。読み取り装置で瞬時に個体番号が分かり、追跡調査に役立っている。

 「各島での生存率を、チップの情報で集計できる。そのデータに沿って、新たな増殖計画を立てられる」と、技術職員のフレディ・ビジャルバさん(27)はいう。

 「人間は長い歴史の中で、たくさんのゾウガメを殺した。でも今は、このカメのおかげで観光が成り立ち、島の人も暮らしていける。ゾウガメ保護の最前線で仕事ができて、とてもうれしい」

    ◇

 ガラパゴス諸島は来年、世界自然遺産の登録から30年を迎える。広い海に隔絶され、多数の固有種がすむ生物の楽園だ。しかし、島内人口の急増や外来種の拡大など悩みも多い。ガラパゴスの現状を報告する。

    ◇

 ガラパゴス諸島 南米大陸から約1000キロ離れた太平洋上にある。イギリスの博物学者チャールズ・ダーウィン(1809~82)が、進化論の着想を得たことで知られる。エクアドル領で、13の大きな島と多数の小島・岩からなる。面積は約8000平方キロ。1978年、ユネスコの世界自然遺産第1号に登録され、01年に海域も追加された。

Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。