ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

フードマイレージ

2008年11月 3日 (月)

関西16大学、学食にフードマイレージ 地産地消を意識

Osk200811010077 フードマイレージを表示したカード。輸送の際に排出したCO2量も示した

 京都、奈良、滋賀の3府県の16の大学生協は4日から、食品の輸送にどれだけ二酸化炭素(CO2)を出したかを示す「フードマイレージ」を学生食堂のメニューに表示する。普段の食生活を通して、学生の温暖化防止対策への関心を高め、輸入ものから国内産への食材の切り替えを進めるのが狙いだ。

 食品の重さ(トン)に原産地からの距離(キロ)を掛け、数値が大きいほど「環境に負担をかけた食品」となる。数値を記入したカードを、値札と一緒に食堂のショーケースに表示する。例えば、メニューの一つ国内産ダイコンのおでん(100グラム)ならマイレージは0.05だが、フィリピンバナナ(180グラム)は0.69といった具合だ。

 京都市の環境NPO「地域環境デザイン研究所エコトーン」の大学生5人が、各生協の共通メニュー約400品を1週間がかりで計算した。中国やタイと日本との距離を覚えてしまったという立命館大3年の本郷勢子さん(21)は、「こんなにいろんな国から食べ物が来ているとは思わなかった」。

 生協は、安さや味でメニューを選びがちな学生たちの意識改革を目指す。今のところ、ポイントがたまると特典がつく航空会社のマイレージサービスのような特典はないという。(柏崎歓)Asashi.com

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年8月 3日 (日)

「赤外線で光合成」世界の海で CO2吸収量に影響も+タカエコの提言

 赤外線を光合成に使う特殊な葉緑素「クロロフィルd」が、世界中の海や湖に無視できない規模で存在することを海洋研究開発機構と京都大のグループが見つけた。地球規模の二酸化炭素(CO2)吸収量の推計に影響を及ぼす可能性がある。

 植物や藻類は、ふつう目に見える光(可視光)を使って光合成を行う。赤外線を使うクロロフィルdは、シアノバクテリアという原始的な微生物の一種しか持っていないと考えられ、赤外線を使う光合成は無視できるほど少ないというのが定説だった。

 グループは、北極海や相模湾、琵琶湖、南極の池など、水温や塩分濃度が大きく異なる世界9カ所の水域の底に堆積(たいせき)した泥を分析した。その結果、すべての泥から一般的な葉緑素の1~4%の濃度でクロロフィルdを検出した。

 クロロフィルdが光合成に使うのは近赤外線で、可視光とほぼ同じ深さまでしか届かない。このため、光が届く水域で光合成する生物の死骸(しがい)が底に沈んだ痕跡とみられる。生物の種類はまだ特定できていないという。

 海洋機構の大河内直彦グループリーダーは「今回検出された濃度などから、見落とされていたCO2吸収量をざっと見積もると地球全体で年10億トン程度(炭素換算)」という。これは大気中の年間CO2増加量の約4分の1にあたる。(安田朋起) Asashi.com

Images タカエコの提言

海草が、さんご礁の形成に役立つこと、二酸化炭素の吸収量が地上の植物に劣らないこと、食糧として役立つこと、それに加え、バイオ燃料へ転化が可能なこと、海に囲まれた日本ならフードマイレージを極端にへらせる利点が考えられます。海路などを邪魔しない海の森の形成、筏の林を作っていけば、相当量の二酸化炭素削減につながります。

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年7月 2日 (水)

(4+)輸送減らせる「地産地消」

20080509eco01

鶴見さんの食卓には、自作の旬野菜を使った創作料理が並ぶ(1日、愛媛県東温市で)=鷹見安浩撮影

 「ちりも積もれば、大きな削減につながります」

 愛媛県東温(とうおん)市の市民グループ「ちりつも共和国」で「大統領」を務める西田芳子さん(66)のエコライフは「無理せず、楽しく」がモットーだ。

 県が作った「環境家計簿」を付け始めたのは2003年。電気、ガス、水道、ガソリンも含め、当初は年約7・7トンだった二酸化炭素(CO2)の排出量を5年で半減させた。

 「これ以上減らすのは難しそう」と感じる西田さんが最近注目するのは、「フードマイレージ」。食料(フード)は、産地からの距離(マイレージ)が短いほど輸送に伴うCO2排出も少なくなるという考え方で、1994年に英国の消費者運動家が提唱した。

 地元の食材を地元で消費しようという「地産地消」は主に地域おこしに狙いがあるが、温暖化防止にも役立つ。東温市は地産地消には恵まれた環境で、農協の市場には、約400の農家が新鮮な農産品を持ち寄り、毎朝行列ができる。商品の約95%が市内産で、「県内産に広げれば、肉や魚も全部地元で調達できる」と担当者。

 西田さんたちは市場で地元の食材を買い、保存食も活用し、食べきれない時は互いに分け合う。家庭菜園にも取り組んでいる。

 「2015年までに化石燃料使用量を05年比で20%削減」を目標に掲げる東温市も、地産地消が重点施策だ。民間団体「グリーン購入ネットワーク」(GPN、東京)が来月行う地産地消の全国キャンペーン「500万人一斉行動」にも市として参加表明した。

 しかし、GPNによると、準備は順調とは言えない。昨年の「レジ袋削減」一斉行動では、半月前には250以上の団体が参加を決めていたが、今年はまだ3分の1以下。深津学治事務局次長(32)は「食の安全には関心が高いが、環境とのつながりはピンとこない人が多いのかも」としながらも、「フードマイレージを意識した地産地消は誰でも取り組めて実効性が高い」と期待する。

 農林水産省の01年の試算によると、食料自給率が40%に届かない日本の場合、輸入量に輸送距離を掛けて計算したフードマイレージは韓国や米国の約3倍、英国、ドイツの約5倍だ。

 東温市には、地産地消の「達人」もいる。山あいで棚田を見下ろす家に住む鶴見恵子さん(56)は7年前、夫が愛媛大教授に就いたのを機に千葉県から移住した。夫と主宰する「えひめ千年の森をつくる会」には約270人が集い、その仲間と棚田で米を作る。大豆や野菜も育てる自給自足の生活を目指しながら「食卓からのCO2ダイエット」を提唱する。

 米作りは機械に頼らず、ほぼ手作業。あぜ作りや草取りは重労働だが、食材から手作りする充足感は大きい。「山の生活は1960年代以前の暮らしに近い。一見不便だけど、暮らしが環境に直結することが実感でき、買い物時も本当に必要か考えるようになった。消費者の意識が変わればCO2削減効果は大きい」と鶴見さんは話している。

(2008年5月9日  読売新聞)

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年3月24日 (月)

食育

フードマイレージや地産地消を考えていく上で、食育という言葉にぶち当たります。

食育って何?

昨今、よく「食育」という言葉を聞きますが、では「食育」とはいったい何なのでしょうか?

「食育」とは食材や食品、調理といった「食べる事」に始まり、マナーや伝統といった「文化」、更には自給率や国際的な食糧問題などの時事問題に至る「食」に関する多岐に渡った分野についての「教育」を指しています。

1

今、なぜ食育なのか?

2005年6月に上記の食育に関する法律、「食育基本法」が制定されました。なぜ食教育を法律にまでしなければならないのでしょうか?また、その背景というのは何なのでしょうか?

農林水産省によると、「食生活指針の推進について(2000年3月閣議決定)」に基づいた食生活改善の普及・啓発活動をする中で以下のような現状があったという事が報告されています。

フードチェーンの多様化・複雑化や家庭等における食の教育力の低下など環境変化の中で、国民個々の自主的な努力に委ねるだけでは健全な食生活の実現が望めない状況

このような現状を踏まえ、食育に取り組む厚生労働省・文部科学省・農林水産省の3省では、食育の推進母体である「食を考える国民会議」とともにを2000年3月に策定された「食生活指針」を推進していきます。

基本のガイドラインとして、食生活に関する健康・栄養・環境・農(漁)業・文化などの情報をもって、未来をになう子どもたちを対象に生きる力を育むため、食育を国をあげて取り組まれるようになりました。従来、教育の世界では「知育・徳育・体育」が基本とされていますが、今後、「食育」の重要性は法律にもされたことからも、その重要性は増していくことになるでしょう。

3つの「コショク」

現在の食について具体的にどのようなことが問題視されているのでしょうか?

ここで、食育というキーワードがあげられる際によく取り上げられる問題に「コショク」という言葉があります。この「コショク」には3つの漢字が当てられます。

  • 家族と一緒であってもそれぞれが別のものを食べる、もしくはそれぞれの部屋で食べることを指す「個食」
  • 一人で食事をする、特に子どものみで食事することを指す「孤食」
  • 同じものばかりを食べ続ける事を指す「固食」

以上の3つになります。

なんだか寂しさすら漂う「コショク」ですが、これらの現象の大きな要因は家族の団欒が減っている現代の家庭事情にあるとされています。例えば、それまで、食事の作り手であった女性の社会進出が目覚しく、かつ出産後も仕事を続ける女性が増えている。そして、家事にさける時間が少なくなる。冷凍食品、レトルト食品などの普及や中食(なかしょく)と呼ばれる持ち帰り惣菜店の増加などで、家庭での調理が減っている…などといわれています。

以上、これらの「いつでも、どこでも食物を簡単に取ることができる」食生活環境により、食事や食品の購入計画を立てることなくなる。そして、調理および供食の経験がないまま成長する子どもたちが増えています。その結果、食生活を営む基礎的な知識や技能が低下し、その後の成長に影響を及ぼしたり、また調理用語や伝統的な食に関する知識などを知らないといった現象が顕著に起っています。

ではこのような現状をどのように打開していけばいいのでしょうか?

一汁一菜のススメ

2

食育推進のため、ぜひ取り入れていただきたいのが「一汁一菜」。これは食育推進の第一人者である服部幸應先生が常々おっしゃっていることなのですが、「全てを手作りにしようと思わないで、中食と手作りのものを組み合わせた食卓作りをしてみる」ということです。

例えば、一汁であるスープやお味噌汁。最近では顆粒ダシが主流ですが、ちょっと一手間、昆布でダシをとってみてはいかがでしょうか?なんだか大変そうに思われるかもしれませんが、やってみると意外と簡単。お勤めに出られている方であれば、夜寝る前や朝出かける前にお鍋に水をはってそこに昆布を入れておくだけでOK。帰って来た時には、昆布のエキスが充分お水に溶け出ているので、後はこれを火にかけ、なんでも好きな具材を入れてお味噌をとけばできあがり。実際の調理時間は5分~10分ですよ。そんなに負担になりません。

一菜では、例えばトマトを切って、レタスをちぎって、ドレッシングで和えたサラダを作るだけでもいいのです。このような形で、日々の食卓に少しでも手作りのものを取り入れるようにすることで、お母さんが作られたものを食べたという経験を子どもたちが積んでいってくれます。

子どもと一緒に食事をつくることのススメ

休日に外食に行く方も多いと思いますが、たまには外食ではなく、お子さんと一緒に行事食を作ってみませんか?

例えば11月には、「お寿司の日」「七五三」といった伝統的な行事があります。七五三は該当年齢のお子さんがいない方には、少し遠い存在の行事になってしまいますが、お寿司の日(11月1日)は特に年齢を問わず楽しめます。家族で手巻き寿司、いかがでしょうか?

寿司飯は炊飯器でご飯を炊く時に、お水に酢とお砂糖を混ぜ込んで炊く簡単寿司飯に。中に入れる具材もお刺身を買ってきて縦に細く切る。アボカドやチーズなど洋風なものも混ぜると一層味に楽しみが出て、リーズナブルにもなります。後は食卓を家族で囲んでわいわいと話しながら食べるだけ。家族団欒の楽しさと食事への参加性を感じながら体験する機会を作ってあげることで、食に対する興味や経験を増やしてあげることにつながります。

ぜひ、生活の中に団欒の時間を取り入れることで、家庭での食育を実践してみてください。

飯野 耀子 さんの適切な説明を利用させていただきました。

タカエコの自宅、小さい子供はいませんから、飯野さんの例えとはちょっと違いますが、もっと深刻です。家族4人が、揃って食卓を囲うことは全くありません。

仕事の時間が、ばらばらなので、朝食は自分で好きなものを食べる、大体が女房の献立にのりますが、朝食食べるのは、長男だけです。私と女房は、コーヒーだけです。

昼食は、めいめいに食べます。私にいたっては、多忙に鎌かけて、一週間の内、三回は抜きます。

夕食は、飲酒を伴いますが、就寝前4時間には摂取してます。一食としては、ちょっと多いかなという量です。

一番大変なのが、女房で、子供たちの帰宅時間毎に夕食を用意します。手馴れたもんで、五分とかかりませんが、エネルギー効率の悪さは、弁解のほどこしようもありません。お風呂も同様で、まとまって入るという理想形には程遠いのです。これは、うちに限ったことではなく、世間一般なのかもしれません。ジレンマに始まり、この壁を壊すのは骨が折れそうですが、私が実践しないと、示しがつきませんから、生活の工夫を模索します。

タカエコ小 タカエコ Q タカエコ

2008年3月23日 (日)

ジレンマ

Inasaku1  まず、地産地消の意味合いとその有効性は、ご理解いただけたと思う。

 私の友人は、銀座一丁目に住んでいる。彼は、歩いて某有名デパートで世界の産物&日本の名産品、しいては築地市場で世界各国の海産物を手にできる。

 一見歩いて買い物に行ったという環境配慮行動の一部に見えるが、その実、世界一とされる日本のフードマイレージの多大な貢献者である。その上に、お米にもこだわりがあり、新潟県十日町産のコシヒカリしか食べない始末である。地産地消しようにも彼の周りには、東京ブランドの野菜と豚肉、江戸前の魚介しかない。しかも、これらは、生産者の顔が見える、いわゆるブランドなので、私たち庶民の口には到底はいらない。

Photo  ブランド農作物、肉類・魚類は、地域活性化の起爆剤だ。東国原、宮崎県知事はマンゴを一個一万円のブランド果物にした。夕張メロンや山形のさくらんぼ、東南アジアの富裕層向けのイチゴとブランドは数えられないほどある。青森県大間のまぐろだって、相当マスコミの影響で価格が跳ね上がっている。大間で捕られなくても、その南100km離れた岩手で捕られたものでも、大間のラベルを貼ってあるだけで、同時に出されたら味の違いに気がつく者はどの位いるのだろうか。

 一昨年、伊豆を旅した、伊豆のお土産は干物と相場が決まっている。しかも、あじ、大体が5尾で千円、しかし、中には十匹以上入って千円で売られているのがある。これは、東南アジアからの冷凍アジの干物なのだ。フードマイレージから言ったら、なんとばかげた品物なのだ。

 話を元に正すが、ようは私たちの財布と胃袋が地産地消でまかなえない現状にあるということである。しかも、この財布と胃袋がやっかいである。飽食の世代の現日本人が、おいそれと江戸時代のような食生活になるはずもなく、高すぎるものは、敬遠するに決まっている。

 農家・水産関係者・食肉・鶏卵に携わるすべての人々に恩恵があり、しかも、庶民の財布と胃袋を満たしてくれ、日本の食糧自給率をあげる政策・国政、あなたは、思いつきますか、輸入品に対抗できますか?

  フードマイレージ、地産地消を語る私の大きなジレンマです。

-------------------------------

ご協力願い!

edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンを製作中ですが、多くの共感できる方々と編集して、多くの方々に読んでもらいたいと思っています。もし、タカエコご購読の皆様の中で、ご自分HPやブログが、このテーマに近ければ、地域のニュース写真、お知恵をお借りして、一緒に編集・発行していただけませんか。題材は、このタカエコ同様、環境のキーワードに該当すれば、何でもOKです。ご興味のある方は、是非お申し込みください。

記事(以下)のコチラからお申し込みくだされば幸いです。

http://www.edita.jp/takaeco/

ランキングに参加しました、ご協力お願いします。

FC2 Blog Ranking タカエコ Q タカエコ

2008年3月22日 (土)

地産地消 in 東京都・葛飾区

23161  タカエコの住む東京都葛飾区、都会といえども生産緑地が点在し、「かつしか野菜いきいきステーション」で農家の方が直に生産物を売っています。葛飾区といえば、昔は、金町小かぶが有名でしたが、今では、生産農家はありません。幻の亀戸大根を生産している農家も、今や四件、以前にも紹介した本田消防団元団長の鈴木藤一さんは、その先駆者で、毎年おこぼれに預かっております。枝豆・千住ねぎをはじめ多くの野菜が作られています。

市場と違い、形も千差万別ですが、味は抜群です。残念ながら、完全無農薬ではありません。しかし、特別栽培農産物の指定を受けています。

23161s (減農薬・減化学肥料栽培)

●都市農業ブランド化事業

 葛飾元気野菜のロゴマーク・キャッチフレーズは、葛飾区都市農業ブランド化推進事業により、一般公募で選ばれました。ロゴマークは579点、キャッチフレーズは、4,996点の応募作品の中から選ばれたものです。

 ロゴマークは『葛飾産野菜の葉(生産者)をモチーフに、みどりの大地から安全でクリーンな野菜がすくすくと育ち、みずみずしく、いきいきとした葛飾産野菜』をイメージしてデザインされたものです。葛飾産野菜のPRのために、出荷箱や結束テープ、のぼり旗などに活用されています。

23163 地元の佐野さん宅でも、「いきいきステーション」を開いていて、安くお譲りいただいています。佐野さんのばあちゃんは、「今流行の百円ショップ」と言っております。ほとんどが、この価格です。時期になって、枝豆のシーズンは流石に百円とはいきませんが、地元では、「今年は○○が味がいい。」と競争を煽っています。

 区役所の玄関広場や地域のイベントで旬の時季にとれたての区内産野菜を販売しています。緊急時の防災面でも供給元となり、一翼を担っています。

 タカエコの食卓は、ほとんどが地元野菜です。それに、小松菜を除き、ほとんどが露地栽培で、より環境負荷がかかっていません。季節の野菜を、季節を感じながら食べる、こんなに贅沢な事が都会でできるのは葛飾区と練馬区・足立区、驚くなかれ世田谷区ぐらいでしょう。フードマイレージ0なんです。地産地消は、限りなくフードマイレージを0に近づけるのが狙いで、まさに優等生です。

 葛飾区では、小中学校の給食の残りを乾燥して、栃木県の農家に搬送して、その野菜を給食に使用しています。惜しむなくば、地元で実現しほしいのですが、そのような出荷数が無いのです。葛飾区の生産緑地は、年々減っています。高い税金払ってもマンションや駐車場にしたほうが、地代の高い東京では、何十倍・何百倍の収益があがるからです。税制面での更なる優遇措置、後継者の働ける環境基盤を強化しない限り、都会の農業に明日はありません。生産緑地は、温度を下げたり、都会の貴重な生き物の生息環境であることも考慮して欲しいものです

にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ にほんブログ村 環境ブログへ タカエコ

 葛飾区有機農業研究会は、東京都特別栽培農産物認証制度による、できる限り農薬や化学肥料を使わない農業に取り組んでいます。認証シールが目印です。

2008年3月21日 (金)

フードマイレージと地産地消、食糧自給率

タカエコ

Imagesfood_2  フードマイレージとは、 食べ物がとれたところから食べるところまで運ばれる距離のことです。 輸送で排出されるCO2量が距離から計算できるので、地産地消、CO2削減、両方の指標となります。 例えば、日本人が食べる食パンの小麦は、99%が外国からの輸入。 一番多いのがアメリカのアイオワ州の小麦で、日本まで運ばれる距離の合計は11277kmです。 この輸送の際に出るCO2は、パン1斤あたり184g。一方、国産の小麦を一番作っている北海道から東京までは、トラックで831km。 このとき出る二酸化炭素はパン1斤あたり34.7g。つまり、意識して国産小麦のパンを買うことは、 輸入小麦のパンを買うよりCO2を減らしたことになるのです。
現在、「できるだけ近くでとれたものを食べよう」というフードマイレージ・キャンペーンの活動が、 国内で広がってきています。

  今日のタカエコは、フードマイレージについて考え、日本の食糧自給率のUPの必要性、地産地消(なるだけ、地元の食糧でまかない、フードマイレージを減らす事)を考えます。

 まず、ネットの便利ツールを活用して、どの食糧がどの程度の二酸化炭素を加味して日本に来ているかを簡単に計算できるのが「フードマイレージ電卓」です。

もし、サイトにいけない場合、http://www.food-mileage.com/calculator/をご自分のブラウザのアドレスバーにコビペして、GOをクリックしてください。

注釈: フードマイレージの考え方はイギリスの消費者運動家ティム・ラング氏が1994年に「フード・マイル」という言葉で提唱した。これをきっかけに、なるべく自分たちの地域内で生産された農産物を食べることで、CO2排出など環境への負担を減らそうという運動が欧州の消費者団体などで広がった。

 コメ、ムギ、牛肉など食べ物の重さに、生産地から消費地までの距離をかけ合わせたもの。例えば、2トンの小麦を2キロ・メートル運べば、フードマイレージは4トン・キロ・メートルになる。この数値が大きければ大きいほど、食料を遠くから大量に運んでおり、輸送にそれだけ余分な燃料が必要になり、CO2を多く排出する。たまるほど得する飛行機のマイレージと違い、フードマイレージは少ないほど環境に優しい。これが、ジェット機を使えばさらにCO2を多く使うことになる。

Dr_20080108

 食料自給率の低下は、食料安全保障の問題のほかに、CO2を増やすという環境問題にも発展する。ただ、輸入だけがフードマイレージを増やすのではない。北海道で生産したものを沖縄に運ぶ、埼玉で生産された野菜を高速道路を使用して、東京の青果市場に運ぶなど、国内でも同様のことが起きる。

 食糧自給率は、昨年40%を切り、30%の後半を推移している。この辺は、食糧自給率の部屋 http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/index.html に書かれているので参考にして欲しい。

 ひとつのムーブメントとして、一人でもこの現状を憂い、仲間を増やしていく努力によって、企業も行政も売れないものを売らない、フードマイレージや食糧自給率に関心のある市民が増え、○○産という産地表示にとても敏感な市民が多いことがわかり、早急な施策を講じるだろう。その意味で、この間の冷凍餃子偽装事件は、インパクトがあったと思える。

 一人でも多くの人に理解を促すという意味で、環境学習の重要性があげられる。その際、有効な環境学習ツールがあるので、参考にして、オリジナルにしても使えるので、以下のサイトを見て欲しい。(右サイドトップ:今月の緊急にも記載済み)

フードマイレージ教材研究会 買い物ゲームhttp://www.aozora.or.jp/foodmileage/index.html      

タカエコ 人気ブログランキング参加中 ポチッ☆とお願いします!

にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。