ブログランキング

  • ご協力ください!

    にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ

    人気ブログランキングへ

    ブログランキング【くつろぐ】

ご質問・ご要望はこちらから!

2010年8月7日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • お祭り状態
    暑い夏です。水元公園は夜を迎え風が心地よくなりましたが、林の中は湿度が高かったです。残念ながら昨年に続いてのノコギリクワガタ観察にはいたりませんでしたが、クツワムシの大量発生を確認できました。東京23区内ですよ。

環境浄化植物

  • 2010/5/10
    環境浄化植物「サンパチェンス」を一人でも多くの人に知ってもらうため、ここではサンパチェンスのことをちょっとだけ詳しく紹介していこうと思います。

第二回エコツーリズム

  • Park2odaiba_019
    2010年3月28日に実施された第二回エコツーリズムミステリーツアー(浜離宮庭園とお台場第六台場)のカワウ探求ツアーです。

第一回エコツーリズムin水元公園

  • Img_8958
    水元公園で行われたタカエコ・橋本プロの自然観察会の写真集です。

2009 かつしかっ子探検隊

  • Takasagowoodstock2009_017
    2009/10/10 荒川河川敷自然公園、天高く馬肥ゆる秋、秋空の下、かつしかっ子探検隊(葛飾区環境部環境保全課主催)が開催されました。 講師は、タカエコ(福岡清治郎)とプロ自然案内人の橋本浩基さんです。 当日のプログラム ・植物たちの越冬戦略 - くっき虫を探してみよう -  コセンダングサ・アメリカセンダングサ・オオモナモミ等多数 ・秋の虫観察  コオロギ・バッタ類、カマキリ等 ・秋のギフト  六つの部屋のある箱にグループ毎に色々な自然の贈り物を詰め込みました。

2009年8月8日 コゲラの会都立水元公園夜間観察会

  • ウスバカミキリ
    コゲラの会に講師として招かれたタカエコ。午後三時よりクヌギの木にトラップを仕掛けます。果たして結果は?

スプリングエフェメラル

  • アズマイチゲ
                       

わたしにできること

  • 省エネ家電の導入
    身近な工夫から新エネルギーを使用した大きな提言まで、エコカルタも含めて収録してあります。ぜひ、今から実行してください。

東京23区秋の鳴く虫観察会

  • カネタタキ
    東京23区内でも十数種の鳴く虫を楽しむことができます。 聞きなしは、習うより慣れろで、場数を踏むしかありません。 生息環境、住み分けを知っていればこの半分はわかります。 頭上の樹木にいるマンション族、これはアオマツムシだけです。 腰から頭くらいの中層の住人、これらは、カンタンとカネタタキだけです。残りのほとんどが地面にいるジベタリアンです。 秋の夜長をお楽しみください。

タカエコ映像集

世界の最新AFPBB Newsを写真付で記載

  • AFPB

    無料登録会員募集中

    アフィリエイト

フォト

地球を救え!

  • edita(エディタ)というサイトで、『地球を救え』というマガジンの編集員を募集中です

    クリックして説明をご覧ください。

    地球を救え120x60

事業者の環境への取り組み

都会のナチュラリスト入門講座ー土手・街のバッタたち

  • スズムシ
    バッタ・コオロギ・カマキリinTokyo23区

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・野鳥編

  • オシドリ
    都会の身近な自然を通して、一人前のナチュラリストに養成します ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・虫たちの越冬戦略編PART1

  • アケビコノハ
    キチョウ 「凍て蝶」と寒々しい名前でよばれているのが「キチョウ」です。成虫越冬です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・街路樹編

  • ハナミズキ
    都会には、たくさんの街路樹があります。二酸化炭素の削減はもちろん、防火の延焼防止や交通事故を防ぐ誘導木として、また、騒音の緩和にも利用されています。何といっても私たちを楽しませてくれるリラクゼーション効果最高の贈り物です。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座・食い物編

  • アユ
    さあ、春間近です。春になると都会でも食べれる野草が採れます。ちょつと足を伸ばせば更に、おいしく食べましょう。食べれるものは何でも扱います。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART2

  • クロナガオサムシ
    タカエコの都会のナチュラリスト養成講座 むしたちの越冬戦略 PART1には、本来51枚の写真が掲載してありましたが、サーバーとの相性が悪く、全部反映されませんので、こちらに半分移しました。 サムネイルの写真の上をクリックするとそのむしにいけます。 ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

タカエコのナチュラリスト講座ー知ってて欲しい帰化動物たち

  • ワカケホンセンインコ
    多くの移入種が、帰化動物となって生態系に脅威を与えている現状を理解しましょう。 タカエコトッブページへは、左上アドレスをクリック!

都会のナチュラリスト入門講座ー都会のセミ事情

  • 羽化殻
    都会(東京23区)のセミは6種類 何がいるのかな? 2008年近況 5月の低温・多雨を受けて、アブラゼミ・ミンミンゼミが数を減らしています。湿地の好きなニイニイゼミは逆に数を増やしています。 ツクツクボウシも例年より一週間程、早く出ています。 出前講座の受付は、以下まで! takaeco1@w5.dion.ne.jp 2008年度は満杯でお受けできません。来年の予約は承ります。

動物たちの事件簿・生態系編

  • ハリネズミ
    生態系のピラミッド 底辺が狂ったり、最上部がいなくなったりで崩壊の危機。 見て、実証してください。 報告は、以下へ。 takaeco1@mcn.ne.jp

生物たちの事件簿

  • ツマグロヒョウモン
    人為的な行為によって、各地で様々な事件が勃発。

エコカルタ

  • グリーンコンシューマー
    WG 使使 WG

世界一不思議な場所・東京都上野不忍池

  • キンクロハジロの一団
     世界一不思議な場所、それは、東京都台東区上野の不忍池。 人々が、冬に渡来した冬鳥の鴨やユリカモメに餌付けをして、すっかり彼らは、警戒心を無くし、人間に媚びることで生活しています。 関連ページ http://takaeco1.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_76bc.html

屋上緑化 -『ストップ! ヒートアイランド」

  • ガイアの夜明けより
    この100年で東京の平均気温は3.0℃上昇した。

サンゴ白化現象

  • ブダイとサンゴの関係
    サンゴ白化現象(はっかげんしょう)とは

首都圏近郊桜の名所

  • 千鳥ヶ淵
    東京近郊の桜の名所 サムネイルをクリックして下さい ホームページトップに戻る時は、左上部のhttp://takaeco1.cocolog-nifty.com/をクリックして下さい!

環境先進国

  • Pasta
    欧州を中心とする環境先進国のお話

ごみ問題

  • 携帯電話のリサイクル
    富士山がなぜ「世界遺産」の指定をうけられないのか? それは、「ごみ」が原因なのです。

ごみ問題

柴又小学校総合学習の時間

2007年 かつしかっ子探検隊

  • ムラサキツバメ
    葛飾区環境部の企画で区内の小学校のエコクラブをサポートするのが「かつしかっ子探検隊」。色々な企画でその道の専門家を招いて、隊員をサポートします。

街並みウォッチング

  • 街並みウォッチング終了
    知らない町を五感を使ってそぞろ歩き。

  • 森の木と牡蠣の養殖の関係
    地球上に存在する水の量約14億キロ立米のうち、海水が96.5%、淡水は2.5%で、陸地表面にある水(表面水)は10万キロ立米で、全水量の10,000分の1以下。

2007年 中央区環境講座

  • 2008年7月3日の講座1
    2007年8月18日の講座風景

葛飾区・自然環境レポーター・50の生物指標

  • ヒヨドリ
    2008年 葛飾区自然・環境レポーター研修 講師 タカエコ 環境カウンセラー 福岡清治郎 2008年9月1日 19:00 葛飾区ウィメンズパル二階視聴覚教室 ・50の指標生物 ・動物たちの事件簿 ・わたしのできること 2時間 http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/141/014163.html

地球崩壊 - 人類への警鐘 -

  • UCLA サットン教授の講義
    2008年2月6日よりタカエコの小説が始まりました。不定期更新ですが、ご購読お待ちしています。

Google Earthの学習利用・講座利用の考察

  • フードマイレージ
    Google Earthの小中学校の総合的な学習の時間、多岐にわたる授業への活用、市民講座・環境講座への利用など、活用方法を考察していきます。新しい展開と手法なので、概略を紹介しますが、データが蓄積され次第、詳しい記述を書き足していきます。

最近のトラックバック

連絡はここからお願いします!

自然再生

2010年8月12日 (木)

コウノトリ・トキ、関東に戻れ 環境整備で27市町連携

Tky201008110176

 特別天然記念物のコウノトリやトキが生息できる環境を関東平野に取り戻そうと、周辺自治体が動き始めた。7月に千葉、埼玉、茨城、栃木4県の27市町が連合を結成し、えさが豊富な川や田んぼを増やす試みを進める。そうした農地から収穫した有機米などをブランド化し、地域の活性化も狙ったものだ。まずは国内での人工繁殖数が多いコウノトリの放鳥に向け、千葉県野田市が2012年度の飼育開始を目指す。

 トキとコウノトリは、湿地や田んぼなど水深の浅い場所のドジョウやカエル、昆虫を食べる。地域の生態系の豊かさを示す指標ともいえる。

 7月に結成された自治体連合には、すでに利根川周辺の休耕田を買い上げ、有機農業の市民農園やビオトープ(生物生息空間)の整備を進めていた野田市や、市民と共同して手賀沼の再生を手がけてきた千葉県我孫子市などが参加。今後、連携して国の政策に要望し、飼育・放鳥拠点5、6カ所の設置に向けた調整を進める。

 野田市は先陣を切って来年度中の拠点整備と、12年度のコウノトリの飼育開始に名乗りを上げた。同市の根本崇市長は「飛んでいった先でえさに困らないよう、自治体間でしっかり協力関係をつくりたい」と意気込む。

 関東地方で復帰計画が動き出したのは09年。自然を生かした国土計画のあり方を考える国土交通省と農林水産省が、コウノトリやトキのえさ場になる自然を、河川流域に広げる検討会を開いてきた。

 復帰計画には、地域活性化への期待も込められている。05年にコウノトリの放鳥を始めた兵庫県豊岡市では、観光客が増加。減農薬・無農薬や水質管理を徹底した農法でつくるコウノトリブランドの米の中には、通常の農法の1.5倍程度の高値で取引されているものもあるという。年間20億~30億円の経済効果が出ているとの試算もある。

 東京都市大学の涌井史郎教授(生態環境工学)は「自治体が連携すれば、分断された生態系をつなげられる。トキやコウノトリは、成果を見えやすくするシンボルになる」と話している。

2010年7月28日 (水)

野の花よみがえるマット

201007205228121n

野草が植え付けられた「野の花マット」を手にする仲田社長(10日、福島県矢吹町で)=池谷美帆撮影

201007205228751n

マットを生産する農園にはチョウやトンボが飛び交う=池谷美帆撮影

 スミレ、キキョウにオミナエシ……。日本に昔からある身近な草花十数種を組み合わせた「マット」でビルの屋上を緑化し、都会に自然を取り戻す。そんな商品を福島県石川町の種苗会社「仲田種苗園」が扱い、静かなブームを呼んでいる。

 「多様な草花が咲くところにはチョウやバッタが集まり、それを狙って野鳥が来る。生態系の循環を再現させることが重要なんです」。同社の仲田茂司社長(53)は「野の花マット」の狙いをそう話す

201007205229041n

根が絡み合った「野の花マット」の断面=池谷美帆撮影

 きっかけは約10年前、地元での水族館建設に際し、「館内に福島の自然を再現してほしい」と依頼されたこと。当時扱っていたのは庭木がほとんどだったため、あぜ道や林で野草の種を採取し、自社農場で栽培。育った草花を段ボールに詰めて水族館に運んだ。その作業の過程で「草花が咲いたマットを作れば、手軽に自然を再現できる」というアイデアが浮かんだ。

 自社農園には、もともと少量ながら80種ほどの野草があった。どれも在来種で珍しくはないが、母親が趣味で40年ほど前から種を集めて育てていた。中にはヒメシャガやサクラソウのように野生では貴重になってしまったものもあった。

201007205229211n

カゴに不織布を敷いたプランターに苗を植える従業員=池谷美帆撮影

 これらの中から10種類ほど選び、四角いカゴに布と土を敷いて育てた。互いの根が絡み合い、マット状になって「型くずれ」しないため、屋上緑化に使う場合、カゴから出して土の上に置くだけでよかった。

 2002年の発売当初の売り上げは低調だった。導入コストが芝による緑化の約10倍と割高なのが難点だった。しかし、四季の草花を楽しめる点が評価され、3年ほど前から売り上げが伸び始めた。東京都内の小学校やオフィスビルなど30か所以上で採用された。約2000平方メートルのマットを屋上と敷地に導入したビルでは、近くの緑地からやってきたのか、コオロギやアマガエルが顔を見せ、クロアゲハやオニヤンマ、ヒヨドリやスズメも飛来するという。

 商品展示会で「懐かしい」と言ってマットをじっと眺めている人がいた。「祖先の代から慣れ親しんできた植物には、我々の心を和ませる力があるのでは」。仲田さんはそう話している。

屋上緑化

 屋上の植物が太陽光を遮ることで建物の温度上昇を抑え、都市部のヒートアイランド現象を緩和する効果などが期待される。国土交通省の調査によると、2000~08年の屋上緑化面積の累計は241万7749平方メートル。同期間の都道府県別の屋上緑化面積は東京、神奈川、愛知の順に多く、この3都県で全体の約56%を占めた。

読売新聞

2010年5月21日 (金)

トキ、カラスに卵奪われる 4歳同士のペア

Tky201005200129

カラスに卵を奪われた巣に戻ったトキの雌=20日午前8時33分、新潟県佐渡市、安冨良弘撮影

Tky201005200136

トキの卵を奪うカラス=20日午前7時33分、新潟県佐渡市、環境省提

 環境省は20日、野生復帰を目指して新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物のトキで、自然界で34年ぶりのひな誕生が期待されていた4歳同士のペアが、カラスに2度にわたって卵を奪われたと発表した。その後、巣では雌が抱卵するような姿勢をとる様子が見られたが、同省は「巣の中におそらく卵はなく、孵化(ふか)は厳しくなった」との見方を示した。

 佐渡市内では今季、5組がペアになったことが分かり、うち4組で産卵が確認された。すでに2組が繁殖に失敗したが、今回カラスに襲われたペアは4歳同士と適齢期を迎えており、最も繁殖する可能性が高いと期待されていた。

 同省によると、20日午前5時半ごろ、抱卵していた雌が突然飛び立ち、巣を空けた。その後、午前7時33分と35分の2度、1羽のカラスが巣に飛来し、1個ずつ卵を奪っていったのが確認された。雌が巣を離れた原因や、卵が有精卵だったかどうかは分からないという。

 午前8時ごろに雌が巣に戻り、その後再び抱卵するような姿勢を見せているが、同省の笹渕紘平・自然保護官は「すでに巣の中に卵はないと思う。今回の孵化は厳しい。早朝に巣を離れた原因は分からないが、ペアにとって初めての繁殖だというのは要因の一つ。自然界での孵化は非常に難しいと、改めて実感した」と話した。

 他のペアは今月上旬、次々とカラスに襲われ、卵を奪われていたが、このペアは奥深い林に営巣していたこともあり、これまで天敵に狙われていた形跡はなかったという。

 産卵が確認されたペアはあと1組残っており、今月27日ごろに孵化予定日を迎える。笹渕保護官は「繁殖期は終わりに近づいていて、繁殖の可能性は低くなってきている」との見方を示している。

 トキは戦後、生息数が急速に減少し、2003年に日本産最後のトキが死んだ。一方で中国から贈られたトキのペアによる人工繁殖は成功。佐渡島内に60羽を定着させる野生復帰を目指して08年秋と09年秋に放鳥され、「2世」の誕生が期待されている。

2010年5月15日 (土)

トキのひな、誕生の時はいつ? 悲願、3組目ペアに期待

Tky201005140672

 新潟県佐渡市で放鳥され、自然界では1976年以来34年ぶりのひな誕生が期待されているトキ。産卵していた4組のペアのうち2組が繁殖に失敗したが、順調にいけば、15日にも3組目のペアのひなが、誕生するかもしれない。「無精卵」と「外敵」というハードルを越えられるか。

     ◇

 「今度のペアがうまくいかなかったら、もう今年は繁殖しないかもしれない」。関係者がそう漏らすほど、今回のペアへの期待感は強い。

 産卵した4組のうち3組は、雄が4歳で雌が2歳。ともに4歳という適齢期のペアは今回だけだからだ。

 繁殖に失敗した2組は、いずれも卵が無精卵だったか、有精卵だったとしても初期の段階で発育が止まったのが原因で孵化(ふか)に至らなかったとみられている。

 トキに詳しい新潟大の永田尚志准教授(鳥類生態学)は「若いペアだと卵が無精卵になりやすい」と語る。交尾経験が少ないため、雄と雌のタイミングが合わず、受精に失敗してしまうことも多いという。「年齢を重ね、ペアとの相性を深めた方が有精卵になる確率は高くなる」

 佐渡トキ保護センターによると、個体数が1400羽以上もいる中国では、3歳になってから放鳥することが多い。同センターの戸貝純夫所長は「えさが確保できる人工飼育の場合、成長が早いので若くても産卵が可能だが、自然界では3歳にならないと成熟したとはいえない」と話す。

    ◇

 産んだ卵が有精卵でも、孵化までに外敵から身を守らなければならない。2組目のペアは9日にカラスに卵をつつかれ、卵を捨てて繁殖に失敗した。10日には今月下旬に孵化する可能性がある4組目のペアがカラスに襲われ、卵を一つ奪われた。

 10日のケースでは、トキの巣の周りにいた2羽のハシブトガラスのうち1羽が、トキを驚かして巣から離れさせ、そのすきにもう1羽が卵を奪った。その間わずか10秒。電光石火の早業だった。

 4組目の巣の中には2、3個の卵が残っているとみられる。だが、カラスは一度成功すると立て続けに攻撃を仕掛けることが多い。タカ科のトビや木に登るイタチ科のテンの脅威にもさらされている。

 今回ひな誕生が期待される3組目は、今のところ外敵に狙われている形跡はないが、油断はできない。(川崎友水)

    ◇

 〈トキ保護の歴史〉 トキは明治時代半ばまで全国各地にいたが、乱獲と環境悪化で個体数が減り、佐渡島など一部地域でしか見られなくなった。1952年に国の特別天然記念物、60年に国際保護鳥となり、本格的な保護対策が始まったが、生息数は激減。80年代に入り、絶滅を回避するために野生のトキを一斉捕獲して人工繁殖させることとなった。2003年、日本最後のトキ「キン」が死んで国産種は絶えたものの、人工繁殖は順調に進み、06年に100羽目が誕生した。野生復帰のため、08年秋に10羽が佐渡島で放鳥され、昨年秋にも2度目の放鳥が行われた。

2010年5月10日 (月)

トキ誕生、2組目もダメ…カラスが巣つつく

201005091346371n

ひな誕生が期待されていたトキの巣の下で見つかった卵=環境省提供

 野生繁殖を目指して新潟県佐渡島で放鳥されたトキのうち、9日にもひな誕生が期待されていた4歳雄と1歳雌のペアについて、環境省は9日、この巣で卵が孵化する可能性はなくなったとの見方を明らかにした。

 ペアが交互に卵を温める「抱卵」行動が確認されながら、孵化に至らなかった放鳥トキの巣はこれで2か所目。

 環境省によると、9日午前5時50分頃、親鳥が2羽とも巣を離れたすきに、カラス2羽が侵入し、5分ほど巣の中をつつくような様子が観察された。午前6時40分頃、トキの雄が戻り、卵の殻のようなものを1個、巣の外へ捨てた。

 ペアで巣を離れた原因について、同省は「卵が無精卵か、発育が止まっていた可能性がある」としている。

 この巣では4月12日から抱卵行動が確認されていたが、雌は2日以降、巣を離れることが多くなり、8日は約20キロ離れた田んぼに飛来、日没後も巣に戻らなかった。雄は巣周辺の田んぼで餌を探したりしているという。

 佐渡島内では別の放鳥トキのペア2組が抱卵を続けており、最短で15日以降のひな誕生に期待がかかる。同省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「野外での繁殖の難しさを改めて実感した。2組のうちのどちらかは孵化してほしい」と話している。

(2010年5月9日18時59分  読売新聞)

2010年5月 9日 (日)

トキ誕生、2組目もダメ…カラスが巣つつく

 野生繁殖を目指し新潟県佐渡島で放鳥されたトキのうち、9日にもひな誕生が期待されていた4歳雄と1歳雌のペアについて、環境省は、卵が孵化する可能性はなくなったとの見解を明らかにした。

同日、同省の自然保護官が報道陣の取材に答えた。 自然保護官によると、同日早朝、2羽とも巣から離れていたところ、カラス2羽が侵入。カラスは約5分間、巣の中をつつくようなしぐさを見せた。その後、トキの雄が巣に戻り、卵の殻のようなものを外に捨てた様子も確認されたという。

 この巣の卵は、目視で確認されていないが、ペアが交互に卵を温める「抱卵」の姿が見られていた。

 卵が複数あっても、カラスにすべて食べられたとみられる。親鳥が巣を離れた原因は不明だが、自然保護官は「卵が無精卵だったか、発育が止まっていた可能性がある」としている。

 トキのペアが抱卵したものの孵化に至らなかった巣は2か所目となったが、同島内には、別の放鳥ペア2組が抱卵を続けており、最短で15日以降のひな誕生が期待されている。

(2010年5月9日12時50分  読売新聞)

2010年4月30日 (金)

若さゆえ?放鳥トキのペア、すべての卵放棄

 環境省は29日、新潟県佐渡島で野生繁殖を目指して放鳥されたトキのうち、最初に産卵したペア(4歳雄、1歳雌)が、温めていた卵1個を巣外に捨てたと発表した。

 これで、目視で確認されていた卵3個はすべて放棄された。

 当初は卵が4個あるとも考えられていたが、卵を放棄した親鳥が巣を離れたため、同省は卵は残っておらず、孵化の可能性はなくなったと判断した。佐渡島では、別の1組も抱卵しており、順調なら5月9日頃のひな誕生が期待されている。

 同省によると、29日に卵を捨てたのは雌の親鳥。午後4時半頃に卵をつついて割り、くちばしでつまんで巣の外に放り投げた。直後に飛び立ち、数分後に巣にいったん戻ったものの再び離れた。

 同省で卵の殻を回収したところ、中にひなの姿はなかった。無精卵だったか発育が止まったとみられる。同省は、このペアが巣に戻って再び産卵する可能性もあるとして観察を続ける。また、抱卵しているペア1組のほかに、3組が求愛行動を続けている。

 放鳥トキを観察している新潟大学の永田尚志准教授(鳥類生態学)は「発育せずに腐った卵はひどいにおいがするので、親鳥が異変を感じて、捨ててしまうことはよくある。今回のペアは、親鳥としては若い個体なので、交尾がうまくいっていない可能性もある」とみている。

(2010年4月29日21時14分  読売新聞)

2010年4月27日 (火)

放鳥トキのペア、卵1個また巣外に捨てる

201004269341111n

 環境省は26日、新潟県・佐渡島で放鳥され、近日中のひな誕生が期待されているトキのペア(4歳雄、1歳雌)が、卵1個を巣外に捨てたと発表した。

 同省によると、同日夕、巣にあった卵を雄がくちばしでつついて穴を開け、巣外に捨てる様子が観察された。卵の中にひなの姿はなく、無精卵か、発育が止まった卵とみられる。トキは通常、4個の卵を産むが、無精卵などで育たない場合は、親鳥が捨てることがあるという。

 この巣ではこれまで卵3個が目視で確認され、うち1個を22日に雌が捨てた。巣の中には少なくともあと1個残っているとみられ、26日に雄が卵を捨てた後も、再びしゃがみ込み、抱卵を続けたという。同省は「30日頃までは孵化の可能性がある」として観察を続ける。

(2010年4月26日23時48分  読売新聞)

2010年4月21日 (水)

トキ、3組目が産卵か 1組目は抱卵を続ける

人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村

 新潟県佐渡市で放鳥された国の天然記念物トキの、ペアになった3組のうち1組が産卵した可能性が高いと環境省が20日、発表した。

 2008年に放鳥された3歳の雄と、昨年放鳥された1歳の雌。約250メートル離れた場所から観察しているため、卵は確認されていないが、12~20日にかけて雄と雌のいずれかが一日中、交代で巣に残っていることが確認された。

 目視で卵が確認された1組目は抱卵を続けており、今週末にもひなが誕生する可能性がある。一方、産卵したとみられていた2組目は今月12日から巣を離れている

2010年4月18日 (日)

トキ襲った張本人? ケージ内のわなにテンかかる

人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村

Tky201004150194

新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで14日に捕獲されたテン=環境省提供

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで野生復帰に向けて訓練中のトキ9羽がテンに襲われて死んだ問題で、環境省は15日、訓練施設「順化ケージ」の中でテン1匹を捕獲したと発表した。同省は、このテンがトキを襲った可能性もあるとみている。

 同省は、先月10日にトキが襲われたことがわかった後、ケージ内に「とらばさみ」のわなを設置。4月14日午後8時半ごろ、監視モニターでケージ内の様子をみていた職員が動物の激しい鳴き声に気づいて確認したところ、体長約60センチの雄のテン1匹がとらばさみに挟まれた状態で、動き回っていたという。

 テンにけがはなく、かごに入れられて同センター内で保護されている。動物園などの引き取り先を探すという。

 ケージは広さ約4千平方メートル、高さ約15メートル。周囲を鉄骨や金網で囲っているが、これまでに、テンの侵入経路となり得る複数のすき間が確認されている。今月7日には、天井部のすき間からケージに出入りするテンの姿がはっきりと映っていた。

 捕獲されたテンがトキを襲ったかどうかを確定することは難しいが、同省はすき間に張った両面テープに付着していたテンの毛と、捕獲されたテンの毛のDNA型を照合するなどして事故の検証を続ける。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

COP14 | COP15 | COP16 | Google Earth | Inconvenient Truth 不都合な真実 | NPO | 【地球発熱】序章 | 【自然保護の署名にご協力を!】 署名募集 | おすすめ | おすすめサイト | かつしかっ子探検隊 | ごみを生かす | ごみ問題 | ごみ漂流 | つながる生命 | どこまで減らす | みんなのメッセージ | アマゾン・大豆街道をゆく | アースデイ東京2007 | エコキャップ運動 | エコタウンを歩く | エコツーリズム | エコハウスが欲しい | エコビジネス | エコプロダクツ2008 | エコポイント | エコマーク | エコ林道 | エコ農法 | エネルギー利用 | エルニーニョ現象 | オゾンホール | ガラパゴス ~「楽園」光と影~_ | クリック募金 | グリーン電力 | サンゴからの警告 | サンゴを守れ | スギ林の逆襲 | タカエコ通信 | ツボカビ菌 | ノーベル賞 | ハシブトガラス | バイオ燃料 | バイオ燃料  | ヒートアイランド現象 | フードマイレージ | ブループラネット賞 | ヤゴ救出作戦 | リサイクル | リサイクル偽装 | レール復権 | 不用家電はどこへ | 不都合な真実 | 世界遺産 | 人を守る | 人体にみる汚染 | 人工養浜 | 偉人 | 動物園 | 化石燃料 | 南極異変 | 危険遺産リスト | 原油流出 | 商品偽装 | 地熱力 | 地熱発電 | 地球カレンダー | 地球シュミレーター | 地球温暖化 | 地球環境を考えるシンポ | 地球異変 | 地球異変余禄 | 地球発熱<第一章> | 地球発熱<第2部 排出権> | 地球発熱 第1部 備える | 地球発熱<第1部・備える> | 地球発熱<第3部・さあ、実践> | 地震 | 地震の前触れ | 塩害 | 変わる富士 | 外来生物 | 外来種の帰化 | 大気汚染 | 奥日光湿原の攻防 | 宇宙 | 安全?危険?電磁波 | 小学生「エコ漫才」グランプリ | 展覧会 | 川の恵み | 帰化植物 | 技術革新 | 揺らぐリサイクル | 新エネルギー | 新技術の実験 | 新種 | 新聞記事 | 日本の自然遺産 | 日野市環境学習講座 | 景観守ろう! | 暮らしを見直す | 最前線 | 有機農法 | 朝日地球環境フォーラム2010 | 東京エコロジー | 東日本大地震 | 枯れる海 | 桜情報 | 森が動く | 森が盗まれる事情 | 森を減らさない | 森林伐採 | 森林浴 | 水危機 | 水危機 番外編 | 水質汚染 | 水質浄化 | 水道水 | 水都再生 | 河川浄化 | 油濁の海 | 洞爺湖サミット | 海洋資源の保護 | 海砂異変 | 渚ものがたり | 渡良瀬1世紀 | 温暖化って?_ | 漂流プラスチック | 火山列島 | 無農薬 | 特定外来生物 | 獣たちの反乱 | 現代温泉考 | 現代風車物語 | 環境元年 ~エコ・ウオーズ~_ | 環境問題 | 環境問題と自然 | 環境学習 | 環境浄化植物 | 環境税 | 環境講座 | 環境配慮行動 | 環境配慮行動のジレンマ | 生きものブランド米 | 生き物は訴える_ | 生命の起源 | 生物多様性 | 生物多様性会議 | 生物多様性基本法 | 生物多様性条約第10回締約国会議 | 生物農薬」 | 皆既日食 | 皇居の森 | 省エネルギー | 秀作本紹介 | 秋の鳴く虫観察会 | 移入生物 | 種の保存 | 絶滅危惧 | 絶滅危惧種 | 緑のカーテン | 緑のダム | 緑化は善か_ | 縮む海氷を追え | 老いる森_ | 老いる森_ [1] | 脱ダム | 脱温暖化社会へ ~アジアの最前線から~_ | 脱温暖化社会へ ~変わるアメリカ~_ | 脱温暖化社会へ ~欧州の挑戦~_ | 脱炭素 | 脱炭素米欧中報告 | 自然 | 自然と環境 | 自然保護 | 自然再生 | 自然案内人 | 自然観察 | 西東京アースデイ | 読売新聞 | 調査捕鯨、是非! | 赤潮 | 越境汚染 | 農村生活 | 追跡・アスベスト禍 | 道路特定財源 | 都会を冷やせ | 都市の生物誌 | 都市ウェーズⅱ | 都市緑化 | 都市鉱山 | 酸性雨 | 里山 | 間伐材 | 限界集落に生きる | 集中豪雨 | 電磁波 | 食料危機 | 食糧自給率 | 高潮 | 高砂音楽祭2008 | 高砂音楽祭2010 | 2輪が行く | CO2が見える | COP16 | G8環境相会合 | [よみがえれ 人と地球]第1部・異変最前線 | [よみがえれ 人と地球]第2部・攻防CO2削減 | [よみがえれ 人と地球]第3部・森が盗まれる

都立水元公園 2010年5月3日

  • ベニシジミ
    気温28℃久々のいい天気です。ツマキチョウを観察しに行きました。

都立水元公園 2009/8/15

  • 20090815_291
    今回は写真のみです。お楽しみください。

都立水元公園 2009/7/14

  • 講師紹介3
    2009年7月20日 立正佼成会葛飾支部壮年部主催の自然観察会をタカエコと大野文恵さん(小説家・野草研究家)と事前調査した一部です。

都立水元公園 2009/4/4 桜

  • 都立水元公園 2009/4/4 桜3
    2009年4月4日の都立水元公園です。

都立水元公園 2008/12/01

  • ムクロジ
    比較的暖かな日で、風も無く観察しやすかったです。

都立水元公園 2008/9/11

  • 蓮田
    曇天で後に降られました、気候としては涼しくてすごしやすかったです。いよいよアオマツムシが昼間鳴きだしました。

都立水元公園 2008/8/12

  • コサギプレート
    2008/8/12の水元NOW

都立水元公園2008/7/16

  • チョウトンボ
    2008/7/16の水元公園です。

☆地球のふところで生命に出逢う

カテゴリー

日野市楽しい環境講座2008第3講座

  • Img_0129
    今年で3回目のお招きです。より充実した内容で現状の地球環境問題をビジュアルで紹介し、エコ仲間を増やせる講座にできたと思います。  2008/7/27 講座概要(スケジュール) http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino.html 当日レジュメ http://www41.tok2.com/home/takaeco100/hino1.html 日野市ホームページ http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,html 日野市環境講座 日野市たのしい環境学習講座 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/1,45622,170,1608,html

環境関連ブログパーツ

blogpet

  • blogpet

アクセスランキング

アクセス

無料ブログはココログ

お気に入り

  • プレスブログ
    [プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。